カテゴリー別アーカイブ: ビンズイ

2018年3月17日の撮り鳥

3月17日の撮り鳥はキレンジャクさんを求めて西多摩方面に。現地着6:20頃。しかし、カメラマンさんの姿はありません。レンジャクも終わりが近づいているので玉砕覚悟で来ましたが、これはやらかしてしまったなと。一応、周辺の探索をすることにします。


土手を歩いていたら飛び立つ鳥さんが、久々のビンズイさんでした。


朝の日差しが強すぎて露出オーバー気味。


そしてカワラヒワさんの群が。これが限界の距離みたい。


モズさんも遠かったですね。


ホオジロさんは分かるだけでも5、6羽はいたんじゃないかな。これが草被りじゃなかったらね。


他の鳥さんと違って意外に愛想が悪くない。


一定距離を保っていれば撮らせてくれるんですけど、中々クリーンな状態で撮れない。

そんな訳で1回戦は大惨敗。鳥友さんより情報いただいていた止まりが撮れるというコミミさんポイントに。

コミミさんは3羽いるそうですが、確認できたのは2羽。いずれも枝被りですが、地面に積み上げられた枝にうずくまるこの1羽が一番クリーンな場所に出ています。ここは成鳥さんが潜っている木から結構離れています。


日差しが強く少しでもピンが外れると溶けてしまいます(言い訳)地元の方によると昨年生まれた若様とのことです。


そして成鳥さん。もみの木の中に隠れて辛うじて姿が見える感じ。


これは瞳だけ。


時折、毛繕いをしたりしますがほとんど動きが無く写真にはなりません。そろそろここは諦めて次の鳥見の地に行こうとして考え始めたころ大きな動きが。


このジョウビタキさんが現れた。。。ではなく若様に大きな動きが。と言う訳で次回、若様大カーニバル編に続きます。

2015年1月24日の鳥撮り その2(権現山とその周辺)

WP_20150124_15_09_22_Pro
1月24日の鳥撮りその2は権現山とその周辺です。水場に着いたのは10時過ぎでしたが、それ以降水場で鳥を待っていました。

モズ150124_01
水場近くの木に留まるモズさん。このモズ♂さんはこの辺りが縄張りらしく飛び去ってしまっても、暫くするといつの間にか帰ってきたりします。

モズ150124_04
正面から睨まれました。

モズ150124_05
去年はモズ♀さんを見かけることが多かったのですが先週といい、年が明けたら♂づいています。

水場でシメさんを撮った後、山を下って周辺で鳥を見つけたりしていました。すると水場で一緒に撮っていた方が手招きしてくれます。
本日のお目当ての内の1羽トラツグミさんがいるじゃないですか。ただ、丁度歩道の脇に現れたと思うとそこを通行しようとした方に飛ばされてしまいます。

トラツグミ150124_01
しかし、暫くすると同じ斜面をスルスルと登っていく鳥がいます。
トラツグミさんキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ

トラツグミ150124_02
トラツグミさんは斜面を駆け上がっていきます。

トラツグミ150124_03
そしてこんなお立ち台に。この後また来た斜面を下って行きました。
手招きしてくれたバーダーさんに感謝です。

ビンズイ150124_01
帰ろうとするとちょいとした広場でビンズイさんが地面に降りてお食事していました。

ビンズイ150124_06
もう少し寄っても良かった。

ビンズイ150124_08
トラツグミさんとビンズイさんをラッキーゲットして鳥撮り終了です。
シャッターを押すチャンスは少なかったのですが、お目当ても撮れて中々満足のいく鳥撮りでした。

帰りは行きのハイキングコースでは無く、一般道を帰りました。行きの浅間山でのルートには濡れた落ち葉が積もっていて滑りやすい状況になっていたのと、急な下りは機材を背負ってだと登り以上に大変かなと思ったからです。スマホのGPSに頼りながら、いわゆるクリーンセンターのルートを通って秦野駅に向かいます。約40分ほどで秦野駅に着きました。

今回はほとんど水場で撮影しましたが、その周辺や弘法山周りにはミヤマホウジロや他の鳥がいるとのことです。次回は時間にもっと余裕をもって周辺場所でも鳥撮りしてみたいですね。