カテゴリー別アーカイブ: キビタキ

2018年6月2日の撮り鳥その2

富士五湖方面水場の撮り鳥第2回です。前回はお目当てのキビタキ♂さんでしたが、今回はその他の鳥さんを。


最初の水場で出が最も良かったのがキビタキ♀さん。次の水場では♂さんの方が出が良かったのは面白い現象です。


この時は2羽でやってきました。♂さんがヌリヌリした画像になってしまうのと比べたら遙かに撮りやすい。


ステージに光が射すこともあるけど、大半は強い光で白飛びしてしまうので難しい。


ひたすら我慢でお目当てのキビタキ♂さんを待っていましたが、なかなかメインステージには降りてくれませんでしたね。


さんもそうですが、キビタキさんはピタッと止まる決めポーズがあるので割と撮りやすいんですね。


こちらは別の水場。やはりこちらの方が写りはいいですね。


水浴びをしてくしゃくしゃに。


かなり渋い画になった。


キビタキさんに比べて撮り難く大苦戦なのがこちら、センダイムシクイさん。


とにかく、一瞬たりとも止まっていない。ブレ連発です。


しかし、ムシクイ類の同定って難しいですね。分かりづらいですが今回は頭の中央にラインが見えるのでセンダイムシクイと同定しました。


♪鳥くんの図鑑が今回も役にたちました。色々、批判もありますがこれに代わるものが他にないのですよ。


でも、センダイムシクイってチーヨ(千代)って鳴くからだとか。仙台だと思ってた(恥)


そしてビンズイさん。


メインステージでは他の鳥さんを蹴散らしていましたが。


ここでは大人しかったですね。次回はもう1羽のお目当てさん。青い鳥さん編です。

2018年6月2日の撮り鳥

下の写真を見れば分かる人には分かる、あまりにも有名な水場に行ってきましたよ。もちろん狙いは夏鳥さん。今回は新規の撮影地開発ということで別の水場にも行ってきました。
電車を乗り継ぎ、レンタカーを借り9時前に出発。最初の水場は駐車場から20分ほど歩くこともあり現地到着は9時半過ぎでした。


まずは今期初見初撮りのキビタキ♂さん。


♀さんは割とコンスタントに登場していたのですが、♂さんはメインステージではない離れた水たまりに撮影前半に降りたくらい。それも残念な写り。


一応、♀さんとのツーショットシーンですが♀さんは遠いですね。


まあ、大体♀さんが強く、すぐに♂さんを追い出してしまうのですけど(笑)


しかし、承知の上とは言え暗かったですね(言い訳)ISO2000でもSSは100を切ることも。それだと被写体ブレや微ブレでゴミ箱行きです。


キビタキさんらしい表情。


そして羽を乾かすためステージ上の枝に止まります。


これ以外にもチャンスはありましたがうまく生かせなかったですね。


ここからは次の水場です。入場料を取られます(笑)


こちらの方が暗いなりにも撮影条件は良くて綺麗にとれました。


キビタキ♂さんの個体数も多そうで2羽揃ってきたこともありました。


ただ、鳥の出は今一でしたね。水元公園でお会いしたベテランバーダーさんによるとコルリやクロツグミが出たそうですが、この日は出ませんでした。


最初は鳥の出が悪くて残念と思いましたが、帰宅して現像したら最初の水場のキビ♂さんはボロボロでしたので来て良かったですね(^_^;


こんなとこでしょうか。今回の目標は最低でもキビ♂さんでしたのでミッションクリアで良かったです。では次回はその他の水場の鳥さん編に続きます。