カテゴリー別アーカイブ: チョウゲンボウ

2018年12月1日の撮り鳥その2

前回のオオモズさんから、ちょっと時計の針を戻します。奥様を特急の止まる駅まで送り、鳥見の地へ向かいます。本命さんはまだ早いかなあと言うことで、あわよくばということもあって保険を掛けました。昨シーズン、アカゲラさんを見た有名な溜池に行きました。保険にはなりませんでした(笑)


最初の溜池は鳥影がなく、もう一つの溜池へ。


スズメさん大の鳥さんを見掛けました。私以外にカメラマンはいないので土手を降りることにしました。目(笑)


10羽ほどの鳥がパッと舞い上がりました。カシラダカさんですね。多くが飛び去ってしまった中で、2羽が近くの木で留まっていました。


実はこっちのカシラダカさんは見えてなくて枝被りの無い方へ回り込んだら至近距離にいてびっくり。


実は回り込んで撮ろうとしたのはこちらの個体。


こちらも飛ばなかっただけに愛想が良かったですね。


そしてオオモズさんを撮った高原へと続くのでした。16時過ぎ日も落ち高原を離れることにしました。


帰りの道で電柱にハト大の鳥さん。チョウゲンボウさんでした。


夕方、最後のチャンスで獲物を狙うのに必死なのかかなり寄っても平気でした。ただ、流石にこちらの存在に気づくと飛び出しました。


この後何か排出したのですがそれはいいでしょう。その後飛び出しましたがピント抜けでボツ。少し先の電柱に止まりましたが車で通り過ぎようとしたら、嫌がったのか遠くへ飛び去っていきました。追っかける気はなかったのですけどね。そんな訳で有力な情報は掴めず高原を後にしましたが、オオモズさんは収穫でしたね。

2018年11月17日の撮り鳥

今週も飽きもせず葦原詣でです。ついに今回は葦原のスーパーマシンを投入。ただ、スーパーマシンが必要なのは午後からになりますので午前中は別の場所に。そこで確かめたいことがありましたので。


到着間もなく現れたのが、このチュウヒ幼鳥さん。カメラを構えた脇の田園を舞っていて近くには来てくれませんでした。


こちらに初訪問の時撮ったのと同じく首まで真っ白な個体ですね。


そしてハイタカ成鳥さん。※ご指摘により修正しました


遠すぎ(>_<)もう少し近くに来てくださいよ。


なんて思っていたら頭上を舞ってくれたのがオオタカ幼鳥さん。


無愛想な親戚の代わりというといこうことはないでしょうが。


スーパーマシンのチャーターを間違えてしまい8時到着の予定が9時になってしまいました。


羽をすぼめて


伸ばす。近いけどあまりカッコよくないですね。


若様何度も旋回してくれて大サービスです。


成鳥さんと違い人への警戒心より獲物の探索という感じなんでしょうね。

お昼頃まで粘りましたがお目当てさんは現れずここを離れます。

途中でおじさんが現れてコウノトリなんて言ってましたので周辺を流してみましたが分かりませんでした。そして電柱に止まるノスリさん。また飛ばしてしまいました。ごめんなさい。


そして前回の場所の近くでチョウゲンボウさん。やはり電柱に止まってました。


今回は飛びものが順光側で撮れました。もう1羽いたのですが、近づこうとバックしている内にどこかへ言ってしまいました。
この間15分程度ですから流石、猛禽天国ですね。

という訳でお目当てさんには会えなかったのですが手応えはありました。この後は昼食を取って葦原に向かいます。スーパーマシンの活躍はあるか次回に続きます。