カテゴリー別アーカイブ: カワアイサ

2017年1月4日の撮り鳥その2

wp_20170104_08_33_18_pro
1月4日の撮り鳥の第2回。チフチャフさんを撮影したところから時計を少し戻します。

dsc_0092
本年度の初撮りはホオジロさんでした。今季はよく撮ってますね。

dsc_0104
ここは更にチフチャフさんの滞在場所に近づいた場所での1枚です。

dsc_0113
橋を渡ろうとするとカンムリカイツブリの姿が。

dsc_0116
警戒心が薄く結構近くで撮らせてもらいました。

dsc_0144
観察窓を覗くとカワアイサさんが移動中。

dsc_0146
この鳥さんも普段は警戒心が強いですが、観察舎ということでそこそこ近くを泳いでくれます。

dsc_0155
でもなぜか♂さんだけ3羽。先行する1羽を2羽が追いかける感じ。こちらは追いかける2羽ですね。

dsc_0163
カワアイサ♂さんて可愛いね。♀さんは獣ぽいけど。そう言えば♂さんは初見かも知れない。

dsc_0194
ベニマシコさんらしい姿を追いかけていると何かに驚いたのかカワアイサさんが飛んだ。とっさに撮って引っ掛かっていた1枚。

dsc_0191
いつもの場所にトビさん。この後チフチャフさんの撮影となりました。

dsc_0524
チフチャフさんを離脱して走っているとジョウビタキ♂さんがいました。

dsc_0527
もうちょっと近くで撮りたいなあと思うとこちらに寄ってきました。

dsc_0535
背中。

写真も多くなったのでこの辺で。このシリーズはもう1回。次回は今回の本命ベニマシコさん+αで。

2015年2月21日の鳥撮り

WP_20150221_10_16_35_Pro
2015年2月21日の鳥撮りは山中湖へ。先週の城山湖で山中湖帰りのカメラマンさん達のヒレンジャク撮り放題の話を聞いて今年こそは撮りたいと思ったのでした。(昨年は時期が遅く撮れませんでした。)

思い立ってからの行動が遅く、今回は移動手段をバスとしましたが朝一のバスは撮れませんでした。池袋から7:10に出る高速バスに乗り、路線バスに乗り継いで現地に着いたのは10:20頃でした。
しかし、甘かったですね。お目当てさんは情報の場所には現れません。周辺の宿り木にも行ってみますが姿は全く見えません。一度奥入ったところの宿り木に2羽のヒレンジャクさんを見つけましたが、30m以上は離れているのに思った以上に神経質で直ぐに飛ばれてしまいました。

機材はBORG 90FL+TC-16A+X-T1です。

DSCF1047
そんな中、宿り木の生えた木の上に1羽のトビさんが留まっていました。

DSCF1055
トビは多く見かけましたが、ここまで来てトビというのもなんかですね。

DSCF1060
トビを撮って元の場所へ戻る途中、湖面にはカワアイサ♀さんが。残念ながら湖面は逆光。順光で撮りたかったなあ。

DSCF1061
正面顔。こうしてみると例のパンダガモ、ミコアイサさんの仲間だという気がなんとなくしないでもありません。ちなみにアイサとは秋が去った後に来る鳥という意味らしいですが、それなら他にもいっぱいいるのでは?という気がしないでもありません。

DSCF1141-2
ぐんぐん近づいてきてフレームアウトするぐらい近くに。シャドウ部分を起こしてみると目が出てきました。まるでキツネみたいな顔。ちょっと鳥類っぽくない目玉です。

DSCF1163
近くでは観光客向けのコブハクチョウの餌付けをやってるので、そのおこぼれでも貰っているのでしょうか。他の水鳥と同じに考えて、不用意に近づいて飛ばしてしまった三番瀬のカワアイサに比べると随分と人馴れしています。

DSCF1170
通りかかった地元の人でしょうか、"アイサかぁ"などと言っていました。私にとってはなかなか撮れない鳥ですがこのあたりでは珍しくないのかな。

DSCF1176
奥入ったところに再び入るとヤマガラちゃんがいました。カワラヒワもカシラダカも全てこの辺は神経質ですが、ヤマガラちゃんはフレンドリーです。

DSCF1176
等倍で切り出し。本当は首から下のところが一番解像しているんですけどね。

DSCF1180
周りが民家だけにレンズを向ける方向には気を使います。

DSCF1186
常に民家の周りを行き来していて、フレンドリーなのも人と共生しているからでしょうね。

DSCF1189
奥まっているところを登りきるとお目当てさんが!しかしこの時も30mは離れていたと思うのですが、近づく間も無く飛び去りました。一斉に10羽以上!2羽だとばかり思っていましたが10羽以上の群れだったんですね枝被り、ボケボケの証拠写真ですが本日のお目当てさんになります(-_-)

元の場所に戻ったり、最後と思って奥まったところに行ったりしましたがこの後ヒレンジャクさんが現れることはありませんでした。
14:45を周り残念そうに最後にカメラマンさんも去って行きました。私もバスの時間が迫っているので引き上げることにしました。

WP_20150221_15_02_09_Pro
湖畔からバス乗り場までの間にコブハクチョウと触れ合える場所が。スマホ撮影なので参考出品です(笑)餌付けには是非論がありますが、写真撮りたさに一時的に渡り鳥に餌付けするなどは論外としても、これは人の営みとして否定は出来ないなと個人的には思います。

当初はなんとか14:00くらいまでになんとかお目当てさんを撮影してその後、旭ヶ丘でアトリでも撮ってなんて考えていましたが激甘でした(^^;泥棒を見つけてからなんとかという訳で。。。ただ、近くを通った犬の散歩中の方からは朝一は来てたよと言われましたので、早朝なら逢えるのかもしれません。まあ、ヒレンジャクさんはまだチャンスがあると思いますのでまた狙ってみたいと思います。