カテゴリー別アーカイブ: センダイムシクイ

2019年5月5日の撮り鳥その4

標高1,400mのお山から、湖畔の水場まで子供の日の鳥撮りも最終回です。


いい感じで出てくれたのは今季初撮りのコサメビタキさん。


動きは少ない割に割といいパフォーマンスなんですよね。


いいところに止まってくれましたよ。


いつも思うけどコサメちゃんやエゾビタキさんこの眷族には品がある。


水浴びするキビタキさんを見つめるコサメビタキさん。大暴れで水浴びするキビタキさんに比べると上品だ。


いいところに止まってくれる地味だがこのパフォーマンスもいい。


お目々クリクリで可愛いしね。


そしてやっと近くで撮れたキビ♀さん。


避暑地の沢や1,400mのお山では後姿や遠くでダメでした。


ここではずっと愛想がいい。


不思議なもので撮影地によって♂さんが愛想良かったり、♀さんが愛想が良かったりしますね。


水場に降りてくれましたが光がいい時でしたね。


GW中、最も多く出会ったのはこのキビタキさんでした。


♂さんも何度か水場に降りてくれました。


ちょっと歩溜まり悪かったですけど。


そしていつも撮影に苦戦するセンダイムシクイさん。


頭頂部のラインと下嘴が山吹色なので間違いないでしょう。こんなところでしょうかね。名残惜しいですが、渋滞の中レンタカー返却しに行くのは怖いので15:30には撤収しました。まあ、お目当ての鳥さんが撮れないこともありましたが、中々充実したGWの撮り鳥でした。さて、夏鳥分補給十分。今週末は磯に行きますよ。

2018年6月2日の撮り鳥その2

富士五湖方面水場の撮り鳥第2回です。前回はお目当てのキビタキ♂さんでしたが、今回はその他の鳥さんを。


最初の水場で出が最も良かったのがキビタキ♀さん。次の水場では♂さんの方が出が良かったのは面白い現象です。


この時は2羽でやってきました。♂さんがヌリヌリした画像になってしまうのと比べたら遙かに撮りやすい。


ステージに光が射すこともあるけど、大半は強い光で白飛びしてしまうので難しい。


ひたすら我慢でお目当てのキビタキ♂さんを待っていましたが、なかなかメインステージには降りてくれませんでしたね。


さんもそうですが、キビタキさんはピタッと止まる決めポーズがあるので割と撮りやすいんですね。


こちらは別の水場。やはりこちらの方が写りはいいですね。


水浴びをしてくしゃくしゃに。


かなり渋い画になった。


キビタキさんに比べて撮り難く大苦戦なのがこちら、センダイムシクイさん。


とにかく、一瞬たりとも止まっていない。ブレ連発です。


しかし、ムシクイ類の同定って難しいですね。分かりづらいですが今回は頭の中央にラインが見えるのでセンダイムシクイと同定しました。


♪鳥くんの図鑑が今回も役にたちました。色々、批判もありますがこれに代わるものが他にないのですよ。


でも、センダイムシクイってチーヨ(千代)って鳴くからだとか。仙台だと思ってた(恥)


そしてビンズイさん。


メインステージでは他の鳥さんを蹴散らしていましたが。


ここでは大人しかったですね。次回はもう1羽のお目当てさん。青い鳥さん編です。