カテゴリー別アーカイブ: ヒバリ

2017年12月10日の撮り鳥


12月10日の撮り鳥はまたも葦原詣でとなりました。今回は人工湖のある場所です。しかし、生い茂っていた草は刈取られており昨シーズンとはかなり様子が違っています。これではハイチュウさんはやってこないのではと思いますが、一応お昼寝場所にはなっているとのこと。カメラマンさんは3、4名と少ないものの前日、ハイチュウさんが9時頃降りたということで期待して待ちます。

本命さんを待っていると、前方から飛んでいる鳥さんがいます。鳥さんは電信柱に止まりました。飛ばれないように慎重に近づいていきますがやっぱり飛ばれました。

コチョウゲンボウ幼鳥さんですね。


今まで稲敷などで撮ってはいたのですが、日没後ということでボツ画像ばかりでした。


念願叶ってやっと多少マシなものが撮れた感じ。


これでハヤブサ一族の内、ハヤブサさん、チゴハヤブサさん、チョウゲンボウさん、コチョウゲンボウさんは撮れました。おいおい成鳥さんは撮っていくとして、ヒメハヤブサは迷鳥だから除き、後はアカアシチョウゲンボウさんですか。


諫早湾ですか遠いなあ。弾丸出来ないヽ(ヽ>ω<)まあ、10年に一度しか来ない憧れの鳥さん、シロハヤブサさんが出たらすぐに北海道にすっ飛んで行きますけどね。


コチョウゲンボウさんは目の前を通過して休耕田の方へ消えて行きました。


暫くすると同じ電柱にコチョウゲンボウさんが戻っていることに気づきました。


最初は私一人での撮影でしたが、今度は数名でしたのでやはり飛ばれてしまいました。チョウゲンボウさんは休耕田でホバリング。


そのまま飛び去ってしまい、戻っては来ませんでした。


待ちの間に現れた愛想の良いホオジロさん。


昨シーズンと同じく時折、ヒバリさんが舞い上がります。

9時を過ぎるとカメラマンさんが次々撤収して行きます。ここは9時を過ぎると陽炎で写真は厳しいんですよね。私も9時半過ぎ撤収して人工湖の方へ向かいます。次回はここで撮ったもう1羽の小鳥さんと人工湖側の他の小鳥さん編です。

2017年3月4日の撮り鳥

WP_20170304_13_01_57_Pro
3月4日の撮り鳥はまたも葦原方面に。先週GoogleStreetViewを真剣に眺めているワタクシを見て、嫁さんがそこに行けたの?と言われましたが先週の時点では少し検討違いの場所を探しておりました。色々なブログさんで挙げられている画像には特徴的な建物が写っており、それが圧縮効果で近くに見えていることに気づきました。探していたのはハイイロチュウヒさんの昼の滞在地です。周辺は農耕地であり、ハイイロチュウヒさんが身を隠すような草原は限られていますのものね。と言うわけで駅の入り口はいつもと逆側に出て7時過ぎには現地に着きました。

DSC_1922
着いてすぐカメラをセットしていると遠くでハイチュウ♂さんが遠くの草原に降りました。ちょっと残念ですが写真にはならなかったでしょうね。全く動きがない為、時折上空に舞い上がるヒバリさんを撮ります。

DSC_1958
到着から1時間くらい、8:20過ぎカラスに追いかけられるように1羽の猛禽さんが飛んできました。

DSC_1967
チュウヒさんですね。

DSC_1971
目の前を横切るように近くを飛んでくれます。

DSC_1976
しかし、近くのチュウヒさんに気をとられている隙に。。。

DSC_1977
後方でハイイロチュウヒ♂さんが草原に降りたと言うなんともショッキングな出来事。全く気づいていませんでした。

DSC_2041
チャンスを逃しまた待ちモードに入ります。撮るものといったらやはりヒバリさんのみ(*^_^*)

DSC_2065
そして待つこと1時間、9:30過ぎにハイチュウ♂さんが舞い上がりました。

DSC_2081
8時過ぎると陽炎の影響が激しいと言われてましたが、確かにキリっとした画にならないですね。←言い訳

DSC_2084
もうちょっと高く飛んでくれると、綺麗に雪山絡みになってくれるのですがなかなか難しい。

DSC_2089
まあ、自分はそれほど人工物気にする方じゃないですけど。

DSC_2093
この辺から目にピントが合い始めました。

DSC_2098
これがベストショット?でも電柱(*^_^*)

DSC_2104
結構近づいてきました。

DSC_2107
身体を折り曲げて。

DSC_2111
着陸機体勢。

DSC_2112
狙いを定めて。

DSC_2113
飛び込みー。

写真も多くなったのでこの辺で。これからハイチュウさんの動きは停滞します。と言う訳で次回に続きます。次回はハイチュウさん待ちに現れた他の猛禽さんやハイチュウさんの行方と行きたいと思います。