palmdra のすべての投稿

2019年7月20日の撮り鳥

ちょっと遅いかなと思いつつも巡回ブログなどで上げられる写真にツミの巣立ち雛を見ようと出かけました。しかし。。。2箇所を回りましたが、既に営巣地を離れた後。そこで急遽予定を変え、そろそろ巣立ちのあの鳥さんへ。。。


アオバズクさん。昨年も撮った同じ場所へ。


こちら♂さんですね。まあ、こんな表情から分かる通り動きはないですね。


そして♀さん。


この日は酷い枝被り、どうしようもないですね。


お目目ぱっちり枝が無かったらねえ。


お、♂さんがお目目パッチリ。枝を揺さぶったり不埒な方はいませんでしたよ。皆さん、虚から一瞬でも顔を出してくれないかと静かに待っていました。


おや?眉


こうゆう年配の方いますね(笑)午後からは出勤、♂さんのお目目フルオープンも撮れたことですし撮影時間は40分ほどでしたが撤収を決めました。なんかデジャビュな展開ですが、巣立ち前ですし短時間の撮影がいいでしょうね。タイミングが合えば巣立ち後また訪れたいですね。

2019年7月13日の撮り鳥

ブッポウソウさんを求めての遠征も2日目に突入。気合を入れて道の駅に車中泊。深夜3時半には現着。場所取り。。。まあ、そこで色々ありましたがいいとして。6時前には撮影開始となりましたが不発(ToT)9時を過ぎても親鳥は一向に現れる雰囲気がありません。どうやら前日、2羽の巣立ちがありそちらに掛かりきりになっているようです。急遽予定変更というより、当初の予定でしたが朝のいい光でブッポウソウさんを撮り、隣県まで更に足を伸ばすという予定を実行しました。


ここは某赤い鳥さんの営巣地として有名なところですが、営巣失敗情報は事前に得ており、そこには期待していませんでした。まあ、そこが朝一ブッポウソウポイントに行こうとした理由ではありますが、結果論で言えば前日の内に県境を越えてこちらに来ていれば良かったですね。


お目当てさんは館内に入ると直ぐにカメラマンの集結を見て分かりました。


オオコノハズクさん、初見初撮りです。


そしてなんとか撮影終盤目をパッチリ開いてくれました。暗くてSSが上がらず、キリッとした画にならないのですけどね。


そして赤色型コノハズク。初見初撮りです。


ノーマルタイプのコノハズクより先に赤色タイプを撮ってしまいましたね。


同じような画ばかりになりますが、兎に角鎮座したままで動きがないですから。


こちらを見つめていますね。


これ以外にも出てきてこちらを覗き込む可愛いものを見た気がしますが、それはストックにでも。


中々いい角度で撮れたのでフィニッシュ。ブッポウソウさんポイントから県境を越え、往復5時間です。撮影中はキロロロロという声が聞こえましたが、写真に収めるのは難しいようです。結局、動きが少ないので撮影時間40分です。その後ブッポウソウポイントに戻りましたが、既に17時が迫っているにも拘らず観察窓は一杯でした。親鳥が来る雰囲気もなかったので、撤収を決めました。岡山市内に戻り、名物であるママカリとB級グルメのエビめしをいただき夜行バスに乗りました。忙しかったですが、なかなか充実した撮り鳥でしたね。来年は天龍村と迷うところですが、機会があれば赤い鳥とも絡めてまた訪れたいですね。