palmdra のすべての投稿

2018年9月23日の撮り鳥その2


タカの渡りを求めての白樺峠遠征の第2回。今回はハチクマさん特集です。ハチクマさんはこれ本当に同じタカ?と言うほど体色や模様に個体差があり、渡り時観察の楽しみの一つです。既に昨年の渡り数くらいはここを渡っており数は少ないことが予想されました。


こちらが当日確認された第1号のハチクマさん。♀さん成鳥中間型ですかね。かなり露出オーバー撮っていたのですが黒画像でした。


こちらは黄色い虹彩がばっちり♀さん成鳥暗色型。


横飛びで目の前を通り過ぎていきます。


こちらも♀さん成鳥中間型。尾羽に細かい縞模様が見えます。これが♂さんだと太い縞模様が2本になります。光彩の黄色と合わせて見分けるポイントですね。


♂さん成鳥暗色型。やっと♂さんの登場です。オセロのコマのような黒い丸い目。尾羽の太く明瞭な2本のライン。特徴がよく分かります。


羽裏の鷹班がきれいですね。


上の写真は谷を渡ってタカ見の広場上空に来た個体ですが谷渡りをしないで、谷と平行に飛ぶ個体もいます。


幼鳥さん暗色型ですね。嘴が黄色いのと尾に明瞭な縞模様が無いのが見分けのポイント。谷と平行に飛んでくれるのはグリーンバックになって良いのですが、いかんせん遠いし空気のゆらぎが大きいのでキリっとしないですね。


♀成鳥さん中間型。キレイな個体です。


これは迷ったけど幼鳥さん中間型だと思う。


顔だけ見ると♂中間型に見えるのだけど尾に明瞭なラインがないですね。だから幼鳥さんと同定。


こちらは幼鳥さん暗色型。


先程、谷と平行に飛んでいったタイプとよく似ています。


こちらははっきりと♂成鳥さんの特徴が分かる個体。黒い目に、太い尾羽のライン。


羽がちょっと傷んでますね。


こちらはグリーンバックを飛ぶ♂成鳥さん中間型。


遠いですがグリーンバックはやっぱりいいですね。


最後に♂成鳥さん中間型でフィニッシュ。最終的なカウントは130羽オーバーのようでしたが私が確認できたのは写真の通りです。写真を撮りながらですからサシバの群れの中にもっと紛れていたのでしょう。少ないながらも中々のバリエーションで目的はある程度達成されたかなと。さて、次回はタカの渡りも最終回。タカの渡りと言えばこれのタカ柱編です。

2018年9月23日の撮り鳥


今年も行ってきました白樺峠。ピークは9/18、19日でこの日だけで7割が渡ってしまいました。今年は見送ろうかなとも思いましたが、我慢できず行ってしまいました。前日、松本入りでレンタカーを借りて朝6時過ぎにはタカ見の広場に上がりましたがその時点でギャラリーは100名以上。3連休の中日の晴れの日ということもあるのでしょうが今まで経験のない大盛況です。


しかし、ギャラリーの多さに反するように午前中は大低迷します。


早い時間は雲海が広がり下の峰が見えませんんでしたが、それらもすぐに晴れて絶好のタカ見日和になります。


しかし、午前中はめぼしいところは早い時間にアカハラダカ1羽が通過したくらい。しかし、11半頃後方から歓声と拍手が湧き上がります。長野の別の場所で600羽の渡りが観測されたとのこと。


空をこのように雲が覆ってしまい写真的には厳しくなりましたが、12:30から大ラッシュが始まります。


幼鳥さんと後方は成鳥さん。


まるで谷底から湧き上がるようにサシバさんが出現しどんどん渡っていきます。


大きな群れが通過する時数を数えてみましたが28、29。。。後方で31羽の声が上がりました。31羽のようです(笑)


前方で後方で舞い上がって旋回し、タカ柱を作りながら頭上を渡っていきます。


午前中の低迷がなんのその。一番条件が良さそうな低く飛ぶサシバさんを狙って青空が見える雲の隙間でシャッターを押します。


今日イチの条件が良かった時ですかね。


青空バックで比較的近い所を舞ってくれました。


ほんと途切れることなく次から次へと14時近くまではサシバさんが渡っていきます。


これが今日イチかな。


結局、14時過ぎ落ち着きを見せたので撤収を決めました。タカの渡り速報によると渡りは17時過ぎまで続き、1,500羽以上が渡ったそうです。当たりの日を引きましたね。さて、次回はタカの渡りの楽しみの一つハチクマさんのバリエーションを楽しむ編です。