カテゴリー別アーカイブ: クマタカ

2018年12月22日の撮り鳥その2

クマタカさんを求めての遠征第2弾です。神出鬼没なクマタカさん、いつの間にか戻って来て枝移りを見せたのが前回です。


クマタカさんはちょっとまったり。時折、羽繕いまで見せます。どうやらこちらが♀さんのようです。山の中腹辺りを飛んでくれるといいのですが。。。


あ、また後ろを気にしている。。。


あらー完全に背をこちらに向けてしまった(>_<)


頭からダイブ


大型猛禽と思えないその動きはやはり森の忍者


器用に枝をすり抜け


顎のラインも見えましたよ。再び木の生い茂った中に消えて行きました。これで終了かなと思いきや


また、やって来ました。少し前まで霧が深かったこともあり羽を乾かすため日向ぼっこに来たのかも。


この時間から天候が回復して来て青空が見えるようになって来ました。斜め前方に大型の鳥。クマタカだっ!こちらは♂さんということかな。前方で消えただけにまさか後方からやってくるとは、もはや忍者というよりイリュージョン(゜o゜;


光が良くなって少し場所を順光側に移動していただきました。


色が乗るようになって来ましたね。


しかし、飛ぶのを意識して忙しくISOやSSを変えたり、手持ちにしたり三脚に載せたり。今思えば止まりをしっかり撮っておけば良かったなと。


これも冠羽が立っていい感じなのですがちょっと目の周辺がもにょっとしてしまっています。


目を離した一瞬にクマタカさん飛び出しました。


鷹斑がバッチリ見えます。


枝の裏に潜ります。やはり本日は森の王者ではなく忍者のようです。


クマタカさんまた奥の木の方に入ってしまいフィニッシュです。ガイドのオオタケさんは今日は距離があったので残念がっていましたが、いつも遠いダム湖で撮っていることを考えたら半分以下の距離です。大型猛禽ですから普通に坊主なこともありますしね。ダム湖とは違う止まりや森の忍者ぶりも経験できましたし遠征して良かったです。朝一は2羽のヤマセミも見れてここには半端じゃないポテンシャルを感じます。現像を行いながらふつふつと湧き上がる再チャレンジの念。また機会を見つけて訪問しようと思います。

2018年12月22日の撮り鳥

三連休ですが家族イベントやらなんらで鳥見は1日。にも拘らず遠征に。当然のことながら弾丸遠征になります。実は今回はガイドさんにお世話になりました。BIRDERに広告が出たのでご存知と思いますが、オオタケカメラさんです。深夜バスで早朝に到着、ローカル線でお店のある塩川町に向かいます。お店は駅からほど近く、車に乗せていただき出発です。


さて、お目当てさんはどこでしょう?


もう分かりますね。ガイドをお願いしたのはクマタカさん。


現地到着時は霧が深くその所為もあったのでしょうか、クマタカさんの出はよくありませんでした。11時を過ぎ、時折日が差すようになってくると鳴く声が聞こえてクマタカさんがやってきました。


後方の下を見てますね。


あーやっぱり(>_<)


森の王者クマタカ。もう一つの異名、森の忍者を思い出させてくれる行動に今回は何度も遭遇しました。


クマタカさん背後の木の中へ消えていきました。


これで終わりは厳しいなと思っていると、ほどなくクマタカさんがひょっこりやってきました。


飛んだ!しかし、酷い枝被り。


羽をすぼめるようにして


これは鷹班がくっきり出ていい感じですが甘く、ちょっとブレもあるかなあ。


あ、飛び出しじゃなくて枝移りでしたか


でも枝被りじゃないいいところに出てきてくれましたよ。クマタカさんがいるのは低山の木。今まで撮った2箇所は全てダム湖だったため、現地に着いた時ここですか!と驚きました。ある意味シュール。実際の場所はガイドをお願いした方のお楽しみということで、森の忍者に翻弄され続ける後編に続きます。