2017年9月18日の撮り鳥

台風一過の9月18日、D850の実質的なシェイクダウンとなります。本当は磯にハヤブサ詣でに行きたかったのですが、強風と高波で断念。再びクマタカ山も考えましたが、確実に撮れるお山の水場に行くことにしました。


水場の鳥さんの出はやや低調。待ちが長いですし、レギュラーメンバーのヒヨドリさんも来ませんでした。その中でキビタキ♀さんは何度か姿を見せてくれました。


お山の水場を選んだのは暗くSSが上がらないので、より過酷な条件でD850のテストをしたかったというのもあります。


Lightioomがまだ対応していないため、RAW撮り、カメラ内現像です。明暗やコントラストをいじっただけです。シャープネスは全くいじっていません。


現地に着いたのは7時過ぎでしたが、既に観察窓は一杯になっていましたので、側面から撮っていました。距離は10mくらいですかね。


画素もりもりなのでトリミングしても全然問題ないです。D810に比べて解像感は高い気がします。トリミング番長の座は変わらずの気がします。


ただ一方で被写体ブレに対する耐性はD810に劣っていると思いました。


この日は強い日差しが水盤に差して、白とびとの戦いでした。


露出補正やSSを抑えたところ被写体ブレ連発でした。


画素数が増えれば自然と高まるリスクで仕方ないと思います。


高感度は良くなっていると感じますので、画質との兼ね合いを考えながら撮影を工夫していきたいと思います。


そう言えば撮影を開始した当初、解像していないなと思ったら前ピンでした。前回のエントリのハヤブサのスマホケースを撮っていた時も感じていたのですがちゃんと調整しないとダメですね。


+3で調整したらいい感じてしたのでそれで撮っていました。


D810の時は標準のままピント調整不要でしたが、ちゃんと調整しないとダメですね。


しかしカメラ内現像は面倒なので早くLightroomは対応して欲しい。マカーなのでNX-Dとか言われても面倒ですし。


こんなところでしょうか。次回はその他のレギュラーな鳥さんで行きたいと思います。

D850買っちゃいました(*≧∀≦*)


前に上げたD850のエントリでこいつやるよなと思われていた方は多かったと思います。その通りです。やらかしてしまいました。既に量販店などでも展示されており、外観レビューなど行ってもあまり新鮮味はないのですが、始めちゃったのでやります(*^_^*)


右側面です。USBやHDMIなど各種ポートが並びます。D810の時もこのポートを使うことはほとんどありませんでしたね。今後もそうだと思います。発売前に新宿のニコンプラザで触ったのですが、右側面がD810のやや丸みを筐体に比べて垂直に切り落とされていることからコンパクトに感じました。


左側面です。大きく張り出したグリップで随分と太めに見えます。一旦スライドさせて開くメモリカードスロットの構造はD810と同じ。


背面です。最も大きく変わったのはチルト液晶の採用です。個人的には欲しい機能ではありませんが、要望が多いんでしょうね。AE-L、AF-Lボタンが廃止されてサブセレクターと呼ばれるジョイスティックが付きました。


チルト液晶を開いてみました。閉めるときカチっと子気味よい音がします。


シャッターボタン廻りも変わりましたね。ISOボタンが右肩のダイヤルから移動してきました。撮影中もファインダーに接眼したままISOの変更が出来そうです。


ダイヤル部分もISOボタンの代わりにMODEボタンに変わりました。QUALボタンは撮影はRAW一本だしあまり使わないかなあ。


メモリカードスロットです。XQDとSDカードのダブルスロットです。SDはUHS-IIに対応しました。しかし、XQD高いですね。D810から乗り換えの方はカード代も込みで考えないといけないですよ。


バッテリーも底面から挿す仕様は変わっていません。バッテリーの種別もEN-EL15aでD810と同じですが、D810の時使っていた互換電池は使えませんでした(;´・ω・)


さて、この辺から実写レポ。レンズはAF-S 200-500f5.6/Eです。高感度を使う必要がある暗い環境で低SSで撮った時のテストです。
ISO3200、SS1/100、手持ち。かなり厳しい条件です。Lightroomがまだ未対応のためRAW撮りしたものをカメラ内現像しています。


ISO感度を800にしてみました。真っ黒ですね。


Mac上の画像閲覧アプリプレビューで明るさ調整しました。むしろISO3200の方がいいくらい。低SS時のブレが気になっていましたが、これくらいなら何とかなりそう。


天候不順のため庭に来たヒヨドリ幼鳥さんをパチリ。


かなり近いことは確かですが、曇天、手持ちでここまで写ればいいでしょう。


首から上は被写体ブレしてしまいましたが、胸の羽毛が良く解像していますので、貼っておきます。
ヒヨドリさん画像は12bitRAWでフルサイズ、ボディ内現像です。ブログ用のサイズ縮小、トリミングのみです。

フィールドに持ち込んでみないと分からないというところはありますが、思ったより何とかなりそうです。本当は連休の最終日、久々のハヤブサさん詣でをしたかったところですが、波が高く、強風のためダメですね。
飛びものテストをしたいのですが。。。