2019年4月21日の撮り鳥

先週末は遠征してきました。クマタカを狙って再び福島へ。オオタケカメラさんにお世話になりました。前回は撮影場所に大きなポテンシャルを感じ、今回こそと思ったのですが。。。普段の心がけの悪さですね。天気の谷間の日を選ぶ悪運ぶり。しかも午前中の登場はありませんでした。ここで普通なら終了なのですが、車でかなり移動しますが別のポイントを案内していただきました。この辺りがこの地の懐の深さですね。


距離はあります。でも曇天でなければD850ならもう少しなんとかなった気が。


こちらは成鳥さんかな。


木止まりしているのはスリムで頭も尖っているので♂成鳥さんかな?と思っていたのですが現像して気づきました。幼鳥さんですね。そして別の幼鳥さんが木止まりしている周囲を何回も旋回します。撮影時は親離れするように若を親鳥が拒絶しているのかなと思ったら違うようですね。


頭上を旋回する幼鳥さんが去ると、木止まりしていた幼鳥さんが飛び出し!


左に飛び


中腹の近いところを飛んでくれることを期待しましたが


上空でしたね。


天気が良ければもう少しなんとかなったとは思うのですが。。。


グリーンバックを飛ぶ幼鳥さん


SSが稼げないのが辛い


そして成鳥さん。分り辛いですが、腿にかけて横縞があるので間違いないでしょう。


隣の山に抜けていきます。見えないところで幼鳥さんを見守っていたのでしょうね。


そして幼鳥さんは何度も旋回しながらそこそこの距離まで近づいてきてくれました。その後やはり隣の山に抜けていき終了となりました。ということで観測結果は親1、若もしくは幼鳥2ということですかね。2年連続で若が生まれているということでしょうか。それは親も大変だ。そんな訳で期待通りにはいかなったですが、またもここのポテンシャルを感じて帰還することになりました。お店に帰るとこの日のヤマセミガイドの写真を見せていただきましたが素晴らしかったです。まあ、今度こそは良き日にアカショウビンさんやヤマセミさんを撮りたいものです。6月にまた訪問しようと思います。

2019年4月13日の撮り鳥その4

ロングエントリになりましたね。サシバさん詣でも第4回。今回が最終回になります。


狩場に降り立ち浮上する♀さん


そのまま上昇します。


口にはカエルさん。♂の働きが悪いのかバシバシ♀さんは狩りをしていましたね。


着地っと。


先程は咥えての飛翔ですが今度は脚に持っての飛翔。


もう少し右に寄られちゃうと背景に引っ張られちゃうんですね。


片足に獲物をぶら下げたままどうするんだろと思うと。


ちょっと片足上げてますね。片足で着地なのかしら。


しかし、♀さんは狩りの名手。滞在中5回くらい狩りをしたけど、不首尾に終わったのは1回だけだったかな。


近いところでの飛翔が撮れました。


これがこの日一番の飛翔シーンかな。


そして花咲く里山を背景に飛ぶ♀さん。


大旋回を見せてくれたが花バックではAFが花に引っ張られまくり。


そのまま里山に抜けて一旦落ち着きました。まだこの時点で10時過ぎですがここで撤収しました。しかし。。。花絡みでAF抜けているのは今週末の遠征に不安を残します。頑張って行ってきますが。