カテゴリー別アーカイブ: ジョウビタキ

2018年11月3日の撮り鳥その2

冬なると撮りたくなるあの鳥さんを求めての葦原訪問第2回。


コチョウゲンボウさん狙いのポイント近く現れたのは今季初遭遇のこの鳥さん。


ジョウビタキ♀さんです。


ジッジッと鳴くので見つけやすいのですが、枝被りが多くなかなかクリーンに撮れませんでした。


ただ、木の高いところですが距離は近く愛想は割と悪くない。シーズン始まったばかりなのでその内目線で撮れるようになるでしょう。


途中の売店で焼きそばを食べて湖畔の公園に向かいました。


愛想の良いホオジロさんが。一度は通行人に飛ばされていたので、近づいたら飛んでしまうのかなと思ったら。。。


もっと近づいて来ました(笑)


光の良い方など撮影条件を変化させながらじっくり撮らせてもらいました。


この後、ホオジロさんは地面へ降りました。


葦原へ戻ろうと湖畔を走っているとユリカモメさんが。


お魚を撮ったりしていましたが、それは止まり設定でブレブレ。


お魚獲りかなと思いましたが普通に着水しただけでした。
さてもう14:00近い、急いで葦原に向かいます。次回はついに葦原編に突入。今季初遭遇、お目当さんの登場です。

2018年3月17日の撮り鳥

3月17日の撮り鳥はキレンジャクさんを求めて西多摩方面に。現地着6:20頃。しかし、カメラマンさんの姿はありません。レンジャクも終わりが近づいているので玉砕覚悟で来ましたが、これはやらかしてしまったなと。一応、周辺の探索をすることにします。


土手を歩いていたら飛び立つ鳥さんが、久々のビンズイさんでした。


朝の日差しが強すぎて露出オーバー気味。


そしてカワラヒワさんの群が。これが限界の距離みたい。


モズさんも遠かったですね。


ホオジロさんは分かるだけでも5、6羽はいたんじゃないかな。これが草被りじゃなかったらね。


他の鳥さんと違って意外に愛想が悪くない。


一定距離を保っていれば撮らせてくれるんですけど、中々クリーンな状態で撮れない。

そんな訳で1回戦は大惨敗。鳥友さんより情報いただいていた止まりが撮れるというコミミさんポイントに。

コミミさんは3羽いるそうですが、確認できたのは2羽。いずれも枝被りですが、地面に積み上げられた枝にうずくまるこの1羽が一番クリーンな場所に出ています。ここは成鳥さんが潜っている木から結構離れています。


日差しが強く少しでもピンが外れると溶けてしまいます(言い訳)地元の方によると昨年生まれた若様とのことです。


そして成鳥さん。もみの木の中に隠れて辛うじて姿が見える感じ。


これは瞳だけ。


時折、毛繕いをしたりしますがほとんど動きが無く写真にはなりません。そろそろここは諦めて次の鳥見の地に行こうとして考え始めたころ大きな動きが。


このジョウビタキさんが現れた。。。ではなく若様に大きな動きが。と言う訳で次回、若様大カーニバル編に続きます。