カテゴリー別アーカイブ: イソヒヨドリ

2019年3月31日の撮り鳥その3

今季初のハヤブサさん詣でも今回で3回目。最終回になります。本当は前回で終わろうと思っていたのですが。


♀さんの遠い方の崖上の枝止まり。しかし、今回の磯訪問、常連さんがいない。ブログなどを見ても交尾している画像を上げている方がいない等、もしかして今年は営巣しないの?なんて疑問があった。


ちょっと反応が遅れてしまった。♀さんのあまりカッコよくない飛び出し(^_^;


しかし、この辺りからもしかして既に抱卵しているんじゃないかと思い始めました。


空抜けから昨年営巣していた崖に一直線。そこから♂さんがが飛び出してきました。移動して営巣崖に近いほうでカメラを構えます。


この画を見れば一目瞭然。♂さんが崖に飛び込むと、にょっきり♀さんが現れる。交互に抱卵しているんですね。


完全に身体を表した♀さん。この前に♀さんが飛び込んで、♂さんが飛び出したのを見て狙っていました。


予想通りの飛び出しー。


しかし、ピント今一ですし、キリッとしない(=o=;)


この後♀さんは遠い対岸の崖に止まり、営巣崖の木に戻るかと思いましたが動きはありませんでした。


ハヤブサさんの出待ちに撮った磯の住人イソヒヨドリさん。


まだ、お嫁さんが見つからないのか盛んに囀っていました。今年のハヤブサさんの行動は例年より早いですね。例年ならそろそろ営巣なのですが、既に抱卵に入っています。常連さんやカメラマンが少ない訳です。現状は見守るのがいいでしょうね。お前は行ってるのになんだと言われそうですが、現状はデリケートな時期ですし交互に姿の見えない崖に入っていますのでお勧めしません。抱卵は確か38日。GW前後に雛が生まれるでしょうからそうすれば動きも活発になるでしょう。磯訪問は少し我慢した方がいいと思います。

先週は撮り鳥なし在庫から


奥さんや姪っ子の付き添いで先週末は名古屋に出掛けたので撮り鳥は無し。HDDに入っている画像を適当に出してみた。一応、未公開だけど連射の1枚でほとんど同じ画像が出ているかもしれないです。←相変わらずテキトーだな。


大泉で撮ったアカゲラさんですね。ここには複数のアカゲラさんがいます。


そしてアカゲラさんと同じ森にいたノスリ幼鳥さん。親を呼んでいるようでしたが親の姿を見ることはありませんでした。


ハヤブサさんを2枚。こちらは♂さん。どうも♂さんは目まぐるしく入れ替わっているみたい。様子を見に行かなくては。


こちらは♀さんの飛び出しの1枚。


同じ磯の住人イソヒヨドリさん。公開済みの同じポーズよりこっちの方が解像してた。


親フクロウさん。


そして巣立ちした雛さん。


サンコウチョウさんはもう一回くらい行きたかったですね。


サンカノゴイさんの飛翔。今年も営巣はうまくいかなかったみたいですね。将来に渡ってこの怪獣の姿が見れるのか心配です。


ここからはちゃんと初公開ぽいもの。巣箱の上から垂直降下を見せるブッポウソウさん。ごくまれに巣箱にこうしたダイナミックなアプローチを見せてくれます。

虫をフライングキャッチするために近くを舞ってくれますが、大抵こんな空抜け、真っ黒画像。グリーンバックでこの距離で撮ってみたいです。

こんなとこでしょうかね。週末は連休突入。どこいきましょうかね。