カテゴリー別アーカイブ: モズ

2018年3月17日の撮り鳥

3月17日の撮り鳥はキレンジャクさんを求めて西多摩方面に。現地着6:20頃。しかし、カメラマンさんの姿はありません。レンジャクも終わりが近づいているので玉砕覚悟で来ましたが、これはやらかしてしまったなと。一応、周辺の探索をすることにします。


土手を歩いていたら飛び立つ鳥さんが、久々のビンズイさんでした。


朝の日差しが強すぎて露出オーバー気味。


そしてカワラヒワさんの群が。これが限界の距離みたい。


モズさんも遠かったですね。


ホオジロさんは分かるだけでも5、6羽はいたんじゃないかな。これが草被りじゃなかったらね。


他の鳥さんと違って意外に愛想が悪くない。


一定距離を保っていれば撮らせてくれるんですけど、中々クリーンな状態で撮れない。

そんな訳で1回戦は大惨敗。鳥友さんより情報いただいていた止まりが撮れるというコミミさんポイントに。

コミミさんは3羽いるそうですが、確認できたのは2羽。いずれも枝被りですが、地面に積み上げられた枝にうずくまるこの1羽が一番クリーンな場所に出ています。ここは成鳥さんが潜っている木から結構離れています。


日差しが強く少しでもピンが外れると溶けてしまいます(言い訳)地元の方によると昨年生まれた若様とのことです。


そして成鳥さん。もみの木の中に隠れて辛うじて姿が見える感じ。


これは瞳だけ。


時折、毛繕いをしたりしますがほとんど動きが無く写真にはなりません。そろそろここは諦めて次の鳥見の地に行こうとして考え始めたころ大きな動きが。


このジョウビタキさんが現れた。。。ではなく若様に大きな動きが。と言う訳で次回、若様大カーニバル編に続きます。

2018年2月11日の撮り鳥その2


諏訪湖周辺の探索を終え、一旦高台に上りました。今回の遠征の目的、今や伝説と化しているオオワシのグルさん逢うためです。高台で周辺の山の斜面に止まっていないか確認します。他のカメラマンさんによると最近は日中凍結した湖面で1日を過ごし、夕方塒に帰っていくとのこと。本日は風が強い予報なので、高台上空に上がってきくれることを期待して一旦湖畔に戻ります。


カメラマンさんが集結するポイントにグルさんは鎮座しておました。しかし、遠いですね。35m換算700mmではこの通りお米画像です。


鎮座して動かないかなあと思っていると。。。


突如、グルさんが飛び出しました。到着早々で色々準備が出来ていなかったこともあってピンボケ写真を量産してしまいました。


グルさん更に奥の方へ行ってしまいました。ここで昼食をとるために一旦、湖畔を離れました。


食事から戻るとグルさん、御神渡りの上に乗っていました(笑)


人間がやったらバチ当たりと言われるのでしょうが、既にレジェンドと化しているグルさんなら大丈夫。


グルさんの飛び待ちの間他の鳥さんも撮ります。こちらはカワアイサの♂さん。


カワアイサ♀さんですね。


ミコアイサ♀さんはカワアイサ♂さん達と行動をともにしているようでした。でもずいぶん身体の大きさが違いますね。


愛想の良いモズさんもやって来ましたよ。


16:20過ぎ飛ぶ素振りをみせたグルさんにカメラマンが一斉に備えます。身体を浮き上がらせると。


飛び出しー!


流石に重い身体のため、一気には浮上出来ません。


氷上の低い位置を滑空しながら。


徐々に背後の山側に旋回していきます。


このまま旋回してこちらに来るか。


遠い岡谷側の山の方へ行ってしまった(>_<)
こうなると一度目を離すとグルさんを追うのは難しくなってしまいます。湖畔にカメラを構えたカメラマンさん達の落胆の声が聞こえてくるようでした。グルさんはそのまま時計回りに湖を周回して山に帰りました。
すぐに携帯で連絡を取っている方がいましたが高台の方は目線の高さを飛んでとても良かったようです。やはり初志を完徹して高台の方へ行くべきでしたね。しかし、これで翌日の方針が決まりました。2日目は野辺山高原の方に鳥見に行く予定でしたが、夕方はどうしようかと思っていました。諏訪湖でグルさん再チャレンジ決定です。
という訳でグルさん再チャレンジはひとまず置いておいて高原の探鳥編に続きます。