カテゴリー別アーカイブ: アオバト

2017年10月8日の撮り鳥その2


10月8日の撮り鳥の第2回。ここの主役はやはりアオバトさん、いつもの磯ではヒーロー・ヒロインでもここではハヤブサさんに悪役感が漂うことは仕方ないこと。


ハヤブサさん登場前までは大小の群れが頻繁にやってきていました。


命を水を飲みに岩礁に降りたアオバトさん。雲が厚くキリっとしないですね。


D850のAF補足力は良好。私の大トリ病にもちゃんと応えてくれます(*^_^*)


岩礁の端に群れが降りてきましたよ。


そこでコミカルに撥ねているアオバトさんの下に奇跡の水しぶき。分かりますかね。


8時近くなると一気に天候が回復してきました。ハヤブサさん登場で減っていた飛来も復活してきました。


この後は大トリコレクション(*^_^*)


この時間帯でハヤブサさんを撮りたかったですね。


岩礁上の狩りというのも含めて。


8:30過ぎに撤収を決めて海岸を離れて荷物をまとめていると、ドバトか一斉に飛び立ちました。ハヤブサさんの登場です。海岸の様子は見えませんでしたが、堤防を乗り越え道路の高架を越えて大磯の山の方へ抜けていきました。足元には何も見えなかったので狩りは成功しなかったと思われます。1羽が狩りに成功しているので別個体だったのではないでしょうか。もう15分待っていればと思いましたが、それは仕方ない。

という訳で、この後は久々のハヤブサ詣でに磯に向かいます。次回に続きます。

2017年9月3日の撮り鳥その3

9月3日の撮り鳥の第3回。画像を見てもしかしたらこの日のアオバトさんの飛来は少なかったの?と思われるかも知れません。いえいえ、この日は10頃までに4500羽の飛来があり、ハヤブサさん出現前の5時台には歴代3位の500羽の飛来があったそうです。


しかし、海側は逆光側なので色が出ないんですよね。


だからこんな風に海に入ってくる順光側や山への帰還シーンを狙っちゃうのです。


もちろん、波がらみも狙いましたけどこの日はアオバトさんと絡むような豪快な波は少なかったですね。


波に絡んでないものは撮れ高がかなりありましたけど、これと別シーンがもう一つくらいでした。


そしてまたも大撮り。


目の前の岩に降りてくれるのですが、どうしてもいい色が出ないですね。


ハヤブサさんが頻繁に出ていたせいか波が来なくても滞在時間は短かったですね。


これは色が出た。顔つきが違うのですが幼鳥さんでしょうか。


解像していますけど飛び姿は今一。


大きければいいもんじゃないという典型。


でも病なので。


治らないでしょうね。


一応、群れで飛ぶ姿も。


正面からこれは色が出ましたね。


2羽にピントが合いました。

偶然にも鳥友Cさんも撮影されていたので、この後はご一緒させていただき田園に繰り出したのですが期待のシチギ類にはほとんど逢えませんでした。twitterによると前日から一変、カメラマンさん揃ってあまり成果が上がらなかったようです。
さて、そろそろ渡る猛禽さんが気になる季節です。それはもう少し先の計画として、今週はどこへ行きましょうかね。