カテゴリー別アーカイブ: ツミ

2018年6月24日の撮り鳥

梅雨らしい天候の週末。合間をぬう形で晴れ間を見せた日曜日、ツミのフィールドに出掛けました。現地に着いたのは15時過ぎ。


もう白い毛は残っていない状態。ここまで来たらいいでしょう。2羽の雛の姿が見えました。


小首を傾げる姿が可愛いい。


雛は地元の方に聞くと4羽いるそうです。


ストレッチする姿も。もう大人ばり。巣立ちも目前という感じですね。


これは期待の。。。


エンジェルポーズ。


覗き込むように。


そして2羽揃い踏み。


正面顔。


こちらは別の雛。かなり近かったですが逆光側。


しかし期待した親鳥とのコンタクトがありませんでした。親鳥達は周囲の住宅に止まっているためレンズが向けられません。


やっと♀さんがご降臨。


一度、巣に入ったかと思うと電線に止まって再び住宅の方へ。ここで撤収です。なんとか今週ツミフィールドに行けて良かったです。来週はもう1羽の猛禽さんに会いに行きたいのですがどうでしょうね。

2018年4月7日の撮り鳥その2

ツミさんの営巣場所訪問の後編。♂さんとの愛の交換の後ですね。


♀さんは朝の早い時間は巣とこの場所をよく行き来していましたが、動きをやや止めてこの場所に留まっています。


左目に注目。ツミさん、目薬を差した方が。。。てな感じですね。瞬膜に血管が浮き出てますね。


電線に移ったツミさん。


横方向からも撮ってみますが、お腹だなあ。ここから逆サイドに回って飛び出しに備えます。


なるべく順光方向に陣取ったつもりですがびみょー。


こんな飛び姿しか撮れませんでした。しかし、ツミの意外なスピードにビックリ。結構速いですね。さすが小さいと言っても猛禽。この後はツミさんペアの行方が分からなくなってので朝食タイム。


そんなことをしている内にまた♀さんが戻ってきた。前にも書いたけど、鳥さんのこうした上を見上げるポーズが好きですね。


行くかと思いましたが、体の向きを変えただけでした。


♀さんここから動く気配無し。


飛び出しを狙って対面側に回ります。新緑がいい感じですが。。。


図鑑野郎のワタクシはトリミング。


こんなポーズをとってくれたのは1度きりでした。


1時間後(大汗)完全に置物状態ですね。。。


飛んだぁぁ。そわそわしていて予兆は感じたのですが、設定か画像確認をしていました。急いでレンズを向けましたがこんな画像しか撮れませんでした。しかも大分甘いですね(T_T)


飛んだ♀さんは藪の中に。葉被り、枝被りが酷いですがなんとか隙間を見つけて撮影します。SS1/125、手持ちの限界に近いです。


♀さんはまったりして毛づくろいとかしています。♂さんをもっと見たいなあとも思いましたがこの辺で撤収を決めました。本当は朝サクッとツミさんを撮ってサシバさんの様子をなんても思いましたが、長居をしてしまったのでここまでとしました。仕事が溜まっておりその後は休日出勤となりました。猛禽ブログと化していてそろそろ夏鳥をなんても思いますが、サシバさんも気になりますね。