カテゴリー別アーカイブ: ベニマシコ

2019年3月21日の撮り鳥その2

さて、先のエントリから時計は巻き戻されます。菜の花ハイチュウさんを求めての葦原詣でですが、午前中は周辺で小鳥さんを撮影していました。


最大のお目当てはこのベニマシコさん。


新芽を狙って旺盛な食欲、特に♀さんは愛想良しなのですが天気は悪し。一度は小雨に遭い避難したほどでした。


やはり曇天では解像しないし、ブスブスとした画像になりますね。


♀さん×2、♂さん×1の構成で比較的クリーンなところに出てくれて撮りやすい♀さんに比べて♂さんはちょっと恥ずかしがり屋さん。


♀さんはこんな風にクリーンなとこに出てくれるんですけどね。


こんな感じで中々愛想良し。


♂さんは枝被りが多かったですね。


撮れ高は結構あったんだけど枝に取られてボツ量産でしたね。


しかし、年末某高原で撮ったもののあれは遠かった。


出来うることなら天気のいい日の朝のいい時間帯に撮りたかったところですが。


それは贅沢というもの。


しばし餌取りしていましたが、ランナーが近づいて来たら飛びました。割と距離はあったのですけどね。早い動きのものが近づいてくるとダメということでしょうかね。葦原周辺の小鳥さんはもう1回続きます。

2018年12月9日の撮り鳥

今回の郷里への帰還は同級生との忘年会が最大の目的。。。前日は痛飲となりましたが頑張って翌朝は5時半出発。2週連続で県境の高原へ。残念ながらやはりあの鳥さんの気配は無く、キジさんがいたくらいでした。まあ、そこは後日紹介することにしてターゲットを変更して仕切り直しです。


以前、ベニマシコさんを撮ったポイントへ行ってみました。これは正解。


しかし、今季初撮りとなりましたがいかんせん遠い。実はこれから1時間前ほどに別のポイントでも撮ったのですがそれはボツでした。


公園などにいる個体と違って警戒心が強いですね。一定距離より近づくとすぐ飛んでしまいます。


♀さんの姿は見かけるのですが♂さんはなかなか見つかりません。やっと♂さんが現れましたよ。


道路沿いに落ちた葉の吹き溜まりの中の餌を掘り出しているようでした。


道路の側面は斜面となっていてそこの藪の中から降りてくるため木止まりを撮るのはほぼ不可能。


一度に降りてくるのは2〜3羽ですが、7、8羽の個体がいるようです。その後飛んでしまい戻ってきませんでした。


その後、別のところへ行き昼ごろ戻ってくるとフッフッという鳴き声と共に1羽の♀さんがやってきました。


割と近かったのですが逆光側。これ以上このポイントでは無理と判断し撤収を決めました。ベニマシコさんはもう少し寄れそうなところで再チャレンジしたいですね。ここ数年、微妙なのばかり撮っていますから。。。