カテゴリー別アーカイブ: コミミズク

2018年3月17日の撮り鳥その2

コミミさんの止まりが撮れるというポイントでの第2回目。変化のない枝被りの状況にそろそろ別の鳥見の地に移動しようかと考えていたところまでが前回です。


ちょっと他のことに気を撮られていると別のカメラマンが来たとの反応。


枝に隠れていた成鳥さんが出てきたのと思っていたら、信じられないことに地面の伐採枝に潜っていた若様でした。


目の前の木のいいところに止まってくれています。


色白、ぱっちりお目々の美人さん(イケメン?)さんですね。


飛び出しに備えてISOとSSを上げて備えます。


いったぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー。まるでアンダースローで投げたような豪快な飛び出し。


翼を大きく広げて。


この時点で既にピンはかなり甘くなってますね。ここから上昇してフレームアウト。かなり離れた場所に降り立ちます。


降りたところは逆光側からしか見えません。飛び出して近くを通過しましたが真っ黒画像。なんとかLightroomで起こせたのがこの1枚。


飛んだ若様は成鳥さんが潜るもみの木に。全身が見えるいいところに止まってくれました。


同じ様な画ばかりになってしますが若様コレクションで。


正面顔とは大分印象が違う横顔。


正面顔。光の当たり方が違う右側と左側では瞳孔の開き方が違うのが分かりますね。この後、若様の動きも少なくなったのでこの地を離れることにしました。枝被りの止まりしか撮れないと思っていたので大満足です。鳥友さんに感謝です。
さて、この時点で12時。次の鳥見の地に向かいます。次回は前週の再チャレンジ編。敵はフェンス?苦闘編です。

2018年3月17日の撮り鳥

3月17日の撮り鳥はキレンジャクさんを求めて西多摩方面に。現地着6:20頃。しかし、カメラマンさんの姿はありません。レンジャクも終わりが近づいているので玉砕覚悟で来ましたが、これはやらかしてしまったなと。一応、周辺の探索をすることにします。


土手を歩いていたら飛び立つ鳥さんが、久々のビンズイさんでした。


朝の日差しが強すぎて露出オーバー気味。


そしてカワラヒワさんの群が。これが限界の距離みたい。


モズさんも遠かったですね。


ホオジロさんは分かるだけでも5、6羽はいたんじゃないかな。これが草被りじゃなかったらね。


他の鳥さんと違って意外に愛想が悪くない。


一定距離を保っていれば撮らせてくれるんですけど、中々クリーンな状態で撮れない。

そんな訳で1回戦は大惨敗。鳥友さんより情報いただいていた止まりが撮れるというコミミさんポイントに。

コミミさんは3羽いるそうですが、確認できたのは2羽。いずれも枝被りですが、地面に積み上げられた枝にうずくまるこの1羽が一番クリーンな場所に出ています。ここは成鳥さんが潜っている木から結構離れています。


日差しが強く少しでもピンが外れると溶けてしまいます(言い訳)地元の方によると昨年生まれた若様とのことです。


そして成鳥さん。もみの木の中に隠れて辛うじて姿が見える感じ。


これは瞳だけ。


時折、毛繕いをしたりしますがほとんど動きが無く写真にはなりません。そろそろここは諦めて次の鳥見の地に行こうとして考え始めたころ大きな動きが。


このジョウビタキさんが現れた。。。ではなく若様に大きな動きが。と言う訳で次回、若様大カーニバル編に続きます。