カテゴリー別アーカイブ: ホオジロ

2018年7月14日の撮り鳥その4


ブッポウソウを求めての弾丸遠征も今回で最終回。写真は今年も食べた清流丼。甘ダレのかかったやまめ天ぷらが激ウマでした。


さてブッポウソウさん、最も有名な役場のポイントへ。着いた当初は巣箱の近くのアンテナに2羽止まりを見せていてくれました。


そこから餌採りでしょうか2羽がお出かけして戻ってきたのがこの写真。


セミのようですね。巣箱内のライブカメラの画像は4羽の雛が巣穴に殺到している感じでしたが親の餌運びは正直少ない。


餌渡しダン!巣穴に2羽の嘴が見えますね。


再び定位置のアンテナに戻っていきます。


イマイチですね←お前の腕がな


背景バックでもこんな感じ。アンテナへの飛びつきも撮りましたが酷いものでした。この時間は難しいと思い別のポイントへ移動します。


よく名前が上がる橋のポイントです。しかし、巣箱にブッポウソウさんがいる様子はありません。このホオジロさんがいたのみでした。


橋のポイントが期待できなかったので役場以外の建物に巣箱が設置されたポイントに向かいます。酷い写真ですが飛び出し。餌を持ってきましたが渡しませんんでした。


ブッポウソウさんグリーンバックで飛んでくれますがやや逆光ぎみ。


こういう光だとメタリック調になっちゃいますね。


もう既に巣立ちしていて背後の山で親を呼ぶ鳴き声が聞こえてきます。


親鳥さんセミを持ってきました。


餌渡し成功です。ここで一旦この場所を離れ龍泉閣の方に食事に行きました。それが1枚目の写真。


その後、再び河川敷のポイントに戻りましたが気配はなし。役場と違う建物の巣箱ポイントに再度行きましたが、時折舞い上がる親が姿を見せてくれるだけでした。


15時少し前でしたが、ここで撤収を決めました。少し早いと思うかもしれませんが5時前から撮ってますからね。どうやら今日は役場のところを除けば巣立ちDayだった気がします。印象的には1週間前に来ていれば、もっと頻繁に餌渡しなどが見れたかなと。まあ、それまでは仕事が色々忙しく、それどころでは無かった感じはありますが。写真は2018ver.のピンバッジです。地元の方に聞いたところ有志の方が役場にお願いして作っているようですがなかなか大変なようです。今週末は役場の巣立ちが始まってフィーバーするんじゃないでしょうかね。地元の方が盛り上げようと頑張っているので、写真を撮ったらピンバッチを買って、龍泉閣で清流丼なりサーモン丼なりを食べていただければと。近くの温泉に入るのもいいでしょうね。この季節になると撮りたくなる鳥さん。また来年も訪れようと思います。

2018年3月17日の撮り鳥

3月17日の撮り鳥はキレンジャクさんを求めて西多摩方面に。現地着6:20頃。しかし、カメラマンさんの姿はありません。レンジャクも終わりが近づいているので玉砕覚悟で来ましたが、これはやらかしてしまったなと。一応、周辺の探索をすることにします。


土手を歩いていたら飛び立つ鳥さんが、久々のビンズイさんでした。


朝の日差しが強すぎて露出オーバー気味。


そしてカワラヒワさんの群が。これが限界の距離みたい。


モズさんも遠かったですね。


ホオジロさんは分かるだけでも5、6羽はいたんじゃないかな。これが草被りじゃなかったらね。


他の鳥さんと違って意外に愛想が悪くない。


一定距離を保っていれば撮らせてくれるんですけど、中々クリーンな状態で撮れない。

そんな訳で1回戦は大惨敗。鳥友さんより情報いただいていた止まりが撮れるというコミミさんポイントに。

コミミさんは3羽いるそうですが、確認できたのは2羽。いずれも枝被りですが、地面に積み上げられた枝にうずくまるこの1羽が一番クリーンな場所に出ています。ここは成鳥さんが潜っている木から結構離れています。


日差しが強く少しでもピンが外れると溶けてしまいます(言い訳)地元の方によると昨年生まれた若様とのことです。


そして成鳥さん。もみの木の中に隠れて辛うじて姿が見える感じ。


これは瞳だけ。


時折、毛繕いをしたりしますがほとんど動きが無く写真にはなりません。そろそろここは諦めて次の鳥見の地に行こうとして考え始めたころ大きな動きが。


このジョウビタキさんが現れた。。。ではなく若様に大きな動きが。と言う訳で次回、若様大カーニバル編に続きます。