カテゴリー別アーカイブ: ハヤブサ

在庫からハヤブサ♂さん

ツミ幼鳥さんの1回だけは寂しいということで在庫から。6月8日のハヤブサ♂さんです。この日の主役はもちろん、巣立ちほやほやの幼鳥さんですが。飛行訓練や餌渡しなど♀さんはかなりの存在感がありますが。。。


やっぱり♂さんの活躍は少なかったですね。そう言えばいつも気になっているのが♂さんの左脚の指。この画だと分かりやすいと思うのですがいつも伸びています。


これは痛めているんでしょうね。しかも前回の訪問時の時も同じ状態でしたのでこれは治らないのではと思っています。


もし、それで狩が出来ないとしたら。。。来年以降の繁殖が気になります。もちろん、ただの怠け♂ということもあり得るのですが(^_^;


こうしてみるとそこそこ活躍しているようにも見えますが。


こんな感じで壁面で休んでいる時間が多かったです。


崖を駆け上がるシーン。SSを低くしていたので止まらなかった。←言い訳


そして羽生結弦ばりのポーズから。。。


飛び出しー。


グリーンバックで飛ぶ姿で最後です。数枚♂さんを貼って他の鳥さんもなんて思っていましたが、結局ハヤブサ♂さん特集になってしまいましたね。まあ、別の鳥さんの画については後日、ネタ切れの時でもまた紹介したいと思います。

2018年6月8日の撮り鳥その5

ハヤブサさん詣での第5回。今回で最終回になります。


親鳥から餌をもらった幼鳥さん。広い崖のくぼみから餌を運び出します。


狭いくぼみに降りてお食事し始めました。これなら♀さんも安心です。


お食事後、親鳥達が営巣する崖上の木に止まりました。なんだかちょっとヨタヨタしてます。


飛び出しですがやっぱりダッシュ力は弱い。


ここから身体を水平にして木を回り込むように背後に抜けていきました。これが撮れたので撤収を決めて一旦機材を仕舞ったのですが。。。

その後♀さんと幼鳥さんが活発に飛び始めました。。。飛行訓練じゃない。。。仕舞ったばかりの機材を取り出しました(^_^;

ここは餌渡しをした崖のくぼみ。♀さんホバリンングをして浮いています。そこへ幼鳥さんが駆けつけてきました。


逃げる♀さん、幼鳥さんは追いかけます。幼鳥さんに背を向けてのヘンテコな餌渡しはこのためだったんですね。同じポーズを取られて幼鳥さんは条件反射で親鳥を追いかけます。


この鬼ごっこが飛翔訓練になるんですね。同じように3回ほどでしょうか。同じくぼみで♀さんはホバリングして、幼鳥さんを引っ張って飛びました。


これがもう少しキリッと撮れていたら。


崖バックで飛ぶ♀さん。


多分、水浴びしてお食事してきたのでしょう。頭が小さく見えますね。


そして幼鳥さん。縦横逆にしたわけではありません(笑)


咆哮しながらの上昇。親鳥の動きをトレースするようにして飛び方を覚えていくんですね。

今度こそ本当の撤収です。結局、もう1羽の幼鳥さんを見ることはありませんでした。ハヤブサさんが巣立ちを経て親元から離れるのは75〜90日程度のようです。ここで見てる限り親離れはもう少し早いような気もしますが、1番子はまだまだ独立できる時期ではなく落ちた可能性は高いと思います。今年は兄弟が飛ぶシーンを見られると思ったのですが残念ですね。親鳥が非情にも追い出しを行う楽園追放の日までまだしばらく時間はあると思います。それまでは生きる術を学んで強くいきて欲しいですね。