カテゴリー別アーカイブ: シメ

2017年12月23日の撮り鳥その2

12月23日の撮り鳥、続編です。お目当てのトラツグミさんこそ現れませんでしたが、そこそこの鳥果はありました。


水場に着くとほどなく現れたのがルリビタキさん。


まだ、若い個体なのか色味が薄いですね。


ピントさんはどこ?のちょっと残念な写り。


天然ものではないという話もありますが、特段愛想がいいということもありませんでした。


ツグミさん。今季はそれなりに見かけているはずですが、撮影の機会には恵まれていなかったですね。


近いのでじっくり撮らせてもらいます。


身体を膨らませてそこそこリラックス出来ていたのかな。


ツグミさんもシーズン初期は撮りたくなる鳥さんです。


シメさんはトラさんが出るという水場の方にいました。


こちらは距離がありますね。


この日の最大勢力はヒヨドリさんでしたが、その合間を縫うように水を飲んでました。


♂♀いましたが、♀さんは遠く、白飛びでボツ。


証拠写真ですが、イカルさんも頭上に飛んできました。


残念ながらいいところには来てくれませんでした。


実はここの水場の背後にツミが隠れていてそれがトラさんの出てこない原因だったのかも知れません。

買い物に出かけなくてはならないので名残惜しいですが、11時過ぎに撤収しました。鳥見の地として気軽に行けるし、時間のある時また行きたいですね。

2017年12月10日の撮り鳥その2

12月10日の撮り鳥の第2回。ハイチュウさんのお昼寝場所を離れて人工湖の方へ向かいます。


その前にお昼寝場所で逢ったジョウビタキ♀さんを。


やっとそこそこの距離で撮れました。


最初はお昼寝場所の背後にある水路の対岸にいました。


あれは無理だと諦めていると。葦原を囲む杭の上に。ジョビ子さん、ありがとう。


そしてハイチュウさんエリアを囲むベニマシコさんポイントへ。


ラッキーにも番いで現れました。♂さん。贅沢を言えばもう少し光が良いところで撮りたかったですね。


♀さんは♂さんより愛想がいい。


結構前に出て来てくれます。


お食事中ですね。残念ながらベニマシコさんはこのワンチャンスだけでした。


酷い枝被りですが、ここの住人であるアカゲラさん。前回も見ていますがなかなかクリーンには撮らせてくれません。


そして個体数が最も多いと思われる(スズメの方が多分多い)カワラヒワさんですが、意外に警戒心が強く思ったより撮りやすくはないです。


シメさん。今季初撮りだと思います。


正面顔。


カシラダカさんは地面に降りて餌探しをしているので、近づくと木などにパッと飛び上がります。

こんなところでしょうかね。やっとお目当のベニマシコさんが撮れました。まあ、欲を言えばもう少し光の良いところで撮りたかったというところですがそれは贅沢というものでしょう。

という訳でついに次回は本命さん狙いの結果へ。足場あったら最高だろうな編(^_^;に続きます。