カテゴリー別アーカイブ: チュウヒ

2018年2月24日の撮り鳥


久々の葦原詣でです。甘くはないだろうと思いつつもケアシノスリさんが出ているということで行って来ました。目星を付けていたあたりを自転車で走ります。


鷹を最近見ることない鷹の名前が付いたところでツグミさん。ガードレールの隙間から。ここだとどこへ行っても見かけるね。


土手を走っているとヒバリさんが餌を採っていた。


錆びた標識に何か止まる鳥さんが。こういう時はいきなり近づいていけないのは鉄則。


ダルマさんが転んだ方式で徐々に距離を詰めていきます。ノスリさんだね。


最大限に近づいた。これで25mくらいかな。かなり愛想の良い方だと思う。


飛びそうだと思いましたが。。。


反応が遅れてしまった。飛び出しが取れず残念。


ノスリさんは土手を降りて更に奥の藪の中に入ってしまいました。


ノスリさんも飛んでしまったので更に土手を進んでいきます。


この辺だろうなという所に到着。カメラマンさんの一団がカメラを構えています。ケアシさんのポイントに間違いないらしい。しかし、ケアシさんの出現はないので移動します。


上空を舞うミサゴさん。良く撮れていると思ったが今一。割と近くに来てくれたが高度が高かったかな。


チュウヒさんが飛んで来た。


池背景にススキの上を舞うチュウヒさん。


真ん中の池にぼんやり写っているのはミサゴさん。自分より長そうな大きな魚を獲ってきて食べていた。


昼を過ぎてカメラマンも続々と撤退していった。私も諦めて最近出が良いというコミミさん狙いに変更します。写真も多くなったので次回に続きます。動いたのが大失敗。コミミさん失敗編です。

2017年12月10日の撮り鳥その3

12月10日の撮り鳥の第3回。一度、人工湖の中央まで行き昼食をとり再びベニマシコポイントに戻って来ました。人工湖ではハヤブサさんに逢えるかなと思いましたが不在のようでした。猛禽フィールドでよくお会いする方に声を掛けられてびっくり、縁があります。一緒にベニマシコポイント近くで撮影を開始しました。


前方からチュウヒさんが飛んで来ました。


全く方向を変えることなく頭上を抜けて行きます。


とっさのことだったので露出補正が間に合わず、黒画像に。


Lightroomさんの助けをかなり借りました。


こんな距離でハイ♂さんが撮れたら。。。


今度は前方に向かって飛び去っていくチュウヒさん。


ハイ♀さんかとも思いましたが、翼裏に明瞭な鷹斑がないことからチュウヒさんでしょうね。


16時過ぎ、突如、ハイチュウ♂さんが飛んで来ましたが姿を見つけられませんでした。そのまま一度葦原におりますが再浮上します。


何度も再浮上しては2羽で舞ってくれますがいかんせん遠いし、西側に雲が掛かって日没前なのに暗い。


これが最接近くらい。暗さと遠さで解像しません。


かろうじて目らしきものが写ってますね。


この個体首回りに白いラインが入っていて個性になってますね。


期待しましたがこちらには来てくれません。


逆光方向とは言え足場組みの皆さんは良い思いが出来たでしょうね。こちらは指を咥えて証拠画像を撮るしかありません(^_^;


背景がセスナのシュールな画像で終了です。

再チャレンジと行きたいところですが無策では同じ結果でしょうね。昼間はメラメラですが、運次第ですが朝夕のチャンスがある稲敷方面か。それともここでラッキーチャンスを狙うか迷うところです。
いずれにしろこのままでは終われない感じです(笑)