カテゴリー別アーカイブ: チュウヒ

2019年1月13日の撮り鳥その3

白鳥の飛来地を離れて周辺の田園に向かいます。周辺には猛禽も多く、コチョウゲンボウやチュウヒ、ノスリといったところも見られます。


トラクターが開墾する耕作地、アオサギがトラクターを追いかけていました。そこからほど近い畦の上に大きめの鳥さん。


お食事中のノスリさんでした。白い個体ですね。50〜60m?もう少しあるかも空気の揺らぎの影響があるので生き残ったものを。黒い羽らしきものが見えるのでカラスさんを狩ったのかな?


ちょっとこれは甘いか。道路に止めているので気が気ではなく、短時間でその場を離れました


田園地帯では期待されたコチョウゲンボウさんなどには逢えなかったので、周辺の沼地に行きました。


チュウヒ幼鳥さんがグングンと近づいて来ます。


何度か頭上を旋回した後


農耕地側に抜けて行きました。


チュウヒ幼鳥さんここまで近いことは渡良瀬でも無かったので生涯最接近かと。


暫くすると沼の対岸側を舞い始めました。


同じ個体でしょうね。


もう昼近く、普段ならお昼寝の時間。餌が獲れなくてお腹が空いていたのかも。

最近よく出ているらしいズクロチュウヒさん(大陸型チュウヒ)に期待したが姿を見ることは出来なかった。これで午前の部終わりという感じ。この日は午後の部をいろいろ考えていました。稲敷方面へ行くか、それともここで粘ってみるか、そしてもう一つはコミミさん再チャレンジ。

結局、コミミさん再チャレンジとなりました。ノスリさんがウェルカムの舞い。結構、近くを飛んでくれました。


農耕地で見たような白いノスリさん。なんか目がカワイイですね。


前日は15時台にコミミさんの乱舞があったとのことで否応なしに期待が高まりますが。。。


不発(泣)結局、16時を過ぎても前回のように舞ってはくれず


左側に陣取るカメラマンさんのエリアで木止まりを見せただけでした。(そちらではそれなりに飛翔を見せたようですが厳しかったようです)右側のカメラマン民族大移動に従って止まりをちょこ撮りしただけでした。


犬を連れて散歩されている方がいたり、猫が草むらに潜んでいたり色々理由は考えられますが、翌日も同じような展開で低迷したようです。順光で微風、絶好のコンディションと思いましたがこれだからコミミズクさんは難しいですね。三連休は最終日も短時間ですが鳥見に出かけましたので次回に続きます。次回は青い鳥を探しに行って蒼い鳥を見た編です。

2018年11月23日の撮り鳥その2

さて、ケリさんを撮った田園を離れ葦原に向かいます。約80km遠距離ドライブですね。ナビで最初に目的地を選んだとき高速か一般道優先かのポップアップウィンドウが出たので一般道を選んだのですがなぜか有料道路に誘導。。。高速じゃないってことか(>_<)そしてそこかしこで渋滞。葦原着は15:00ギリギリくらいになってしまいました。まあ、ホンダの名誉のために言っておきますがナビ自体の使い勝手は悪くありません。むしろ某T社などはタッチパネルのUIが最悪でまともに目的地を選べないような代物です。


そして葦原です。今回は軽バンですので足場は利用不可。鳥友さんたちと南側に陣取ります。足場チームが遥か彼方に見えますが近くに来てくれることを祈ります。


今回も東の空からチュウヒさんがやってきました。前回と同じ幼鳥さん?と思いましたがパンチパーマに顎ひげ(^_^;成鳥さんのようです。


すごく近いというわけではありませんが光もよく、こんな光でハイチュウさんを撮れたらなと思います。


で、本命さんと言えば2度とも遠くノーシャッターに終わりました。やはり西のそれから飛んできて北の空に抜けていくのですが短時間でサービス悪しでした。


再び現れた時も前回の訪問と同じく、数十秒で葦に降り立ってしまいました。


今季はハイ♀さんも同じ場所を舞わないので、再浮上もありませんね。


やはり、足場エリアでの勝負なんでしょうか。


結局、成果はこのチュウヒさんのみ。まあ、仕方ないですかね。久々に鳥友さんとも再会出来ましたし、良しとしましょう。この連休翌日も撮り鳥に出かけましたので次回に続きます。