2019年6月9日の撮り鳥その3

アカガシラサギさんを求めてサギのコロニー訪問の第3回。今回が最終回になります。


今回はゴイサギさん。飛んでいる姿を見るとどうして撮りたくなりますね。


子育てに忙しいゴイサギさん。頻繁に餌獲りに出掛けていました。


しかし、事故起きないかという凄い突っ込み(^_^;


グリーンバックのいい感じの飛翔。


今年はアカガシラサギさんの撮影ポイントが変わってしまったため,
目の前を通過していくような飛翔は撮りにくくなった。


そんな中でチャンスがあれば連射。


雛のいる笹の生い茂るサギ山に降りていきます。


これはお気入りいい感じの飛び姿。


こんな止まりも。


同じような飛び姿ですが着陸寸前。


正面の飛び姿もあったのですがピントが甘かった。


ホシゴイというよりまだ雛ですがかなり長い距離を飛べる個体もいた。


こんなところでしょうかね。さて今週はどこに行こうか迷います。そろそろ遠征計画も立てなくてはいけないのですが、仕事も忙しく。。。

2019年6月9日の撮り鳥その2

アカガシラサギさんを求めてのサギコロニー訪問の第2回です。梅雨に突入しにも拘らず、なんとか鳥見が出来ています。ありがたいことです。今回はアカガシラサギさんではなく別のサギさんを。


巣の修理でしょうかね。巣材を持って飛んでいます。


別のサギさんとはアマサギさんです。


こちらもまた巣材を持っています。


しかし、田園で会うアマサギさんは警戒心が強く、中々近寄らせてもらえません。


ここではそれがかなり接近した状態で撮影可能なのがいいところ。某サシバの飛来地では迷彩シートを被っているにも拘らず、20mくらいで飛ばれましたからね。


こちら2枚はノートリミングですから


警戒心の低さが分かると思います。


羽のオレンジが美しい個体。


これもかなり近くに来てくれました。


アマサギさんは短い距離を何度も飛んでいました。


今年はアカガシラサギさんの撮影ポイントが変わってしまったために中々飛翔シーンが撮れないんですね。


巣材を持って着陸です。さて、この章も後1回。次回は身近なサギですが飛翔シーンを撮りたくなるあの鳥さんです。