2018年6月17日の撮り鳥

天気が気になるこの時期。天気予報、私が相性がいいのはtenki.jpです。予報は朝から晴れだったのですが。。。正にアオバト撮影に行ってはいけない天気ですね。


しかもアオバトさんの出は悪い。曇天、気温低し。あまりアオバトさんがやってこない条件ですね。


最高でも10数羽の群れ。


やっぱり撮りたい飛びものアップ。


周りの波の感じがいいですね。


命の水を飲みます。


荒涼とした背景はいいのですが、本体が。。。


アオバトさん飛翔フォームは今一ですが。


アイリングのギザギザが写りましたよ。止まりものでも写したことが無いです。


これもアイリングのギザギザが写ります。


こんなところでしょうかね。この日は欲張り撮り鳥を予定していましたので、早々ここは引き上げました。次に来るのはハヤブサさんが狩に来る頃かな。

2018年6月9日の撮り鳥

6月9日、実はこの日も撮り鳥に出掛けていました。田園のジュラシックパーク。私にとってはチバニアンよりジュラ紀なんです。←何言ってるか分からない。


お目当ての1羽ヨシゴイさんが近くの葦に止まってくれました。


緊張しているのでしょう。葦の擬態ポーズ。


飛翔シーンも撮れました。


モグラ叩きのように葦原から飛び出すヨシゴイさんの撮影チャンスを狙います。しかし、午前中は葦原側は逆光で難しい。


田園側には手前に水路がありそこにも潜んでいます。


運良く順光側の飛び出しが撮れました。


オオヨシキリさんをバックに飛ぶ(笑)


恐竜さんは残念ながら遠くにその姿を見ただけで、期待した飛翔シーンはみられませんでした。まだ、チャンスはあるのでリベンジしたいのですがどうですかね。先週末は色々欲張り撮り鳥したので明日以降更新していきます。