2019年6月9日の撮り鳥

instagramにちらほら写真が上がり始め、今年も飛来したのねと思った通り、今年もこの鳥さんがやってきてくれましたよ。


この鳥さんとはそうアカガシラサギさん。


見易いところに出てくれますが藪の中なのでややゴチャゴチャしています。


頭から背中にかけての羽毛が美しい。


冠羽が立ってますね。


一瞬飛び出したと思ったら枝折り。お嫁さんがいないのが残念ですが巣の整備に余念がありません。


同じようなポーズが多いのですが、こんな風なポーズをとってくれることも。


目(笑)出目気味なサギさんにあって奥目っぽいのですが。。。


やっと藪を出てクリーンなところへ出てきてくれましたよ。正面顔。


しかし、こうして見ると高級なイヌっぽい(笑)


正面から横向きへ。


珍しく、嘴を大きく開きました。


そして飛び出しー


近いので羽が切れちゃいましたね。


これはしっかりフレームに入った。


餌採りでしょうね。北の空へ飛んでいってしまいました。その後、帰宅時間をオーバーして粘りましたがご帰還はありませんでした。昨年は藪の中から飛び出して来たりでしたので、落ち着いた止まりの写真が撮れませんでした。そういう意味で今回はしっかりと止まりものが撮れてよかったです。ここはサギの楽園。次回はここの他のサギさん編になります。

2019年6月3日の撮り鳥その2

巣立ちと勘違いで訪問した(笑)チョウゲンフィールドの第2回です。北側やる気なし♂さんの止まりを撮った後は、子育てに忙しい南側のカップルの飛翔を狙います。


曇天でISOは上がってしまいますが、午前中は逆光気味なのでいいかも。


おバネの所から出ている長いものはなんでしょうね。


ちょっと甘いですが飛び方自体はいい感じ。


持ってきたのはカナヘビでした。長い紐状のものは尾っぽでした。


こちらは♀さんですかね。雛さんのために一生懸命餌を運んできます。といっても巣の深い所にいるのか姿をみたことは無いのですけどね。


ちょっと甘くなりましたが、ここで急ターンして巣に入ります。前方の林から姿が見えて僅か数秒のことなのでそこでピントが合わないとなかなか撮れないです。難易度高しですね←お前の腕が悪いだけでは


曇天ですので空抜けはこんな真っ白画像に。


尾羽の横縞が明瞭でないので♂さんですかね。


一旦巣に入ったので、飛び出してくるところを狙おうとポジションチェンジ。アンテナに止まっちゃいました。


振り向いてくれましたが、残念ながら飛び出しは背中向き。


そして再度のグリーンバックからのご登場。


巣に向かって一直線ではなく、ちょっと旋回してくれると撮りやすい。


餌はトカゲかな?それともバッタ?


空抜けですが近くに来てくれたので。


尾羽の横縞が明瞭なので♀さんですね。こんな感じでお昼すぎには撤収しました。一緒にお付き合いしていただいた鳥友さんも巣立ちねらいでしたが、まだ早かったようです。今週末も巣立ちは見られなかったようですね。サンデーバーダーだけになかなかタイミングが合わないですが、チャンスがあればまた訪問してみようと思います。