2018年12月2日の撮り鳥

土曜日は偵察ということで日曜日も撮り鳥に出かけました。ミサゴさん再挑戦。鳥友さんによると前日は見事狩りに成功したとのことで非常に期待が高まります。


しかし天気が。。。


一応、予報は晴れるとのことでしたが昼前にかなり明るくなったものの大半が曇天でした。


8時台に3度ほど現れてくれて期待は高まりますが


その後は全く姿が見えません。


曇天の日のミサゴさんほど画にならないものはなく


今回も残念な結果に終わっていまいました(>_<)


一応、水面は覗いているようですが


お目当ての魚がいなかったんでしょうかね。


前日は13:30ぐらいに飛び込んだということでそこまで粘りましたが


結局、ミサゴさんは現れず撤収と相成りました。場所を変えて再挑戦ですかね。北の葦原の方かな。

2018年12月1日の撮り鳥その2

前回のオオモズさんから、ちょっと時計の針を戻します。奥様を特急の止まる駅まで送り、鳥見の地へ向かいます。本命さんはまだ早いかなあと言うことで、あわよくばということもあって保険を掛けました。昨シーズン、アカゲラさんを見た有名な溜池に行きました。保険にはなりませんでした(笑)


最初の溜池は鳥影がなく、もう一つの溜池へ。


スズメさん大の鳥さんを見掛けました。私以外にカメラマンはいないので土手を降りることにしました。目(笑)


10羽ほどの鳥がパッと舞い上がりました。カシラダカさんですね。多くが飛び去ってしまった中で、2羽が近くの木で留まっていました。


実はこっちのカシラダカさんは見えてなくて枝被りの無い方へ回り込んだら至近距離にいてびっくり。


実は回り込んで撮ろうとしたのはこちらの個体。


こちらも飛ばなかっただけに愛想が良かったですね。


そしてオオモズさんを撮った高原へと続くのでした。16時過ぎ日も落ち高原を離れることにしました。


帰りの道で電柱にハト大の鳥さん。チョウゲンボウさんでした。


夕方、最後のチャンスで獲物を狙うのに必死なのかかなり寄っても平気でした。ただ、流石にこちらの存在に気づくと飛び出しました。


この後何か排出したのですがそれはいいでしょう。その後飛び出しましたがピント抜けでボツ。少し先の電柱に止まりましたが車で通り過ぎようとしたら、嫌がったのか遠くへ飛び去っていきました。追っかける気はなかったのですけどね。そんな訳で有力な情報は掴めず高原を後にしましたが、オオモズさんは収穫でしたね。