カテゴリー : Android

【Nokia】【Android】Nokia Android5.0Tablet N1を発表

11月19日追記しました。

nokia-n1-fullbleed
この発表を驚きを持って受け止めた人は多いんじゃないでしょうか。NokiaはTwitter上で携帯電話ではない何かのティーザーを公開しており、AppleTVを黒くしたようなデバイスの画像からセットトップボックスではないかと言われていました。
b2pgxv7cuaabw3a-jpg-large

この予想を覆す形で発表されたのはAndroid5.0を搭載した7.9インチのタブレットデバイス。一体あのティーザーはなんだったんでしょうか(笑)そしてもう一つ我々の意表をついたのがその筐体デザイン。どう見ても某社のデザインに強くインスパイアされたデザイン。某社というのはま、Appleなんですが(^^;正にiPhone6Plusをタブレット大に引き伸ばしたデザイン。Nokiaは時折、他社のデザインにインスパイアされたデバイスを発表しますが、それでもNokiaらしさ的なものは残していました。しかし、ここまでまるまるコピーしているのは珍しい、リンゴマークが付いていたら誰もがApple製品と思うデザインです。
N1
どこからみてもApple製品のそっくりさん(^^;

正直、なぜNokiaがこのデバイスを市場に投入するかがよく分かりません。4月にMicrosoftに携帯電話端末事業を売却して間もないというのもありますが、現在のNokiaの主業は携帯電話基地局などのインフラ事業、地図やカーナビなどの位置情報サービス、そして知的財産の管理やライセンスを行う事業です。このN1が携帯モデムを内蔵せずWiFiのみということになれば基地局事業とのセットとしての投入ということも考えにくいことです。
まずは春節に合わせて来年の2月に中国に投入され、その後ロシアでも販売されるとのことです。
落ちたりとはいえまだブランド力の残る中国やまだまだ強いブランド力を残すロシアならビジネスとして成功できるという読みなのでしょうか。
この8インチタブレットカテゴリはライバルも多く激しい競争が行われている市場です。ここでの成功は難しいというより、かなり厳しいものになるんじゃないでしょうか。

このN1の面白いのはCPUにAtomを使っていること。Lumia2520の開発と並行してAndroidタブレットの開発もしていたのかなと思いましたが、よく考えたら2520はSnapdragon、初代Nokia NetbookのBooklet3Gの流れを組むデバイスとなるのでしょうかね。
Android5.0にNokia独自のソフトウェアを搭載されるとのことですが、すでにGooglePlayで公開されているNokia独自のラウンチャーアプリZ launcherが搭載され、背面カメラがプロモーションビデオで紹介されていたことから画像処理系のアプリ( Microsoftの関係上Scaladチームのアプリが乗るのは微妙かも)が搭載されるのかもしれません。

Nokiaの現在の事業形態から言って今回のようなタブレットデバイスを出すなら当然事業の一つの核であるHERE Mapsが搭載されるでしょうが、これを利用したカーナビゲーション用途などを前面に押し出したら面白いデバイスになるかもしれません。
もちろん、カーナビになりますだけでは弱いので車と連携出来るなにかもう一捻りあればもっと強くアピールできるでしょうけど。ま、現在の発表の内容では妄想の域でしかないですが普通のタブレットなんでしょうね。

今回の筐体デザインはMicrosoftの関係もあるのでしょうがポリカーボネイトユニボディの2520が商業的に成功しなかったというも影響しているでしょうね。だからと言ってAppleのそっくりさんデザインを採用するというのはかなり残念な行為で、最終的には凡百のタブレットの中に埋もれていってしまうんじゃないでしょうかね。

【追記】
NokiaがN1を投入する理由が分からないと書きましたが、こちらのななふぉさんの記事を読んで自分なりに納得のいく答えを見つけられた気がします。

Nokia N1でノキアブランドが復活した理由とは?

ノキアの説明によれば、Nokia N1はこのスキームに基づいた製品となるです。ノキアによる端末の工業デザインや、独自のランチャーなどのソフトウェア、特許やロゴなどを含むとみられる知的財産について、OEMパートナーにライセンス供給します。

 そのOEMパートナーは、端末の製造や販売、カスタマーサポートなどの端末事業全般について、責任を追うものとされています。

とあるようにNokiaは金融イベントでノキアブランドをOEMパートナーに積極的にライセンスしていく方針を示しました。金融イベントといえばNokiaがスマートフォンプラットフォームを一新しWindowsPhoneに乗り換えるという衝撃の発表をしたことが思い起こされます。この金融イベントで発表された戦略に基づいて元CEOのエロップさんがNokiaの運営を行っていったことは記憶に新しいところです。これは投資家への重い約束であり、あまりにもこの戦略に忠実であったためにエロップさんは投資家から多様な選択肢を試すべきだと突っ込まれていたくらいです。

こうなるとN1の意味合いも違ったものに見えてきます。OEMパートナーはiPadのようなタブレットデバイスを市場に投入したい、それに対してNokiaはNokiaのブランド名や特許、製造技術、もしくはZ Launcherなどのソフトウェアをライセンスします。これらはNokiaの現在の3本柱の事業である知的財産のライセンスや研究開発と合致し少しもおかしなことではありません。
また、なぜNokiaらしからぬAppleそっくりさんデザインを採用したのもOEMパートナーの要望とすれば合点がいきます。

OEMパートナーが端末の製造や販売、カスタマーサポートまで行うというのがN1というデバイスの本質を表しており、N1は”Nokiaのタブレット”というより”Nokiaの名前がついたタブレット”ということなのでしょうね。言い方は悪いですがこれはブランドの切り売りとも言えます。

Microsoftへの携帯電話端末事業の売却でNokiaはブランドも商品として売れるということに気づきました。Nokiaのコンシューマ市場への再参入という人もいますが、実際はBtoBビジネスの範疇となっており、長期的に見れば今回のApple模倣デバイスの投入のような出来事はコンシューママーケットでブランド力を低下させていくことになるのではないでしょうか。
そういう意味でNokiaは投資家の支持を得るために売れるものは売るという戦略を実行しただけで逆に自らコンシューマ市場への再参入には消極的で、その可能性は逆に低下したのではないかと思います。

【Android】【Nokia X】MWCキーノート NokiaがNokia Xなどを発表

世界最大のモバイルの祭典Mobile World Congress 2014にてNokiaが新製品の発表を行いました。事前リークでNokiaはAndroid端末を発表するとの噂が飛び交い非常に注目を集めていました。
キーノートのプレゼンテーターはCEO改め副社長のステファン・エロップ氏。今回も流暢で力強いエロップ節が炸裂します。

MWC2014_ELOP
Nokia上級副社長のステファン・エロップ氏。CEOの座こそ退きましたが、実質的なNokiaのリーダーであることは変りないでしょう。力強くプレゼンテーションを行います。

Nokia Treasure Tag
貴重品の紛失を防ぐ、”Nokia Treasure Tag”を紹介。

Lumia Icon
また北米においてLumia Iconを2週間前に出荷したことを紹介。

IMAGING_SDK
また、Nokia Cameraの優位性をアピール。WindowsとWindows Phone向けイメージング関連アプリケーションの開発環境IMAGING SDK 1.1のリリースを発表しました。

Nokia220
そして、新しいモバイルフォンNokia 220を発表。非常に高速な携帯電話であることをアピール。そして人々が最も早くネットに繋ぐことが出来る手助けをする端末であることもアピール。

Nokia220_2
カラーバリエーションも豊富。

Nokia220_fb
facebookやBing検索など、新興国の人にもネットに接続する手段を提供します。
2.4インチのスクリーン、2Mピクセルのカメラ、microSDがサポートされています。
価格は€29とかなりの低価格を達成しています。

Asha230
続いてAshaファミリーの低価格機Asha230が発表されました。厚いSNSのサポートやFastlaneなど今までのAshaの機能はそのままに小型化、低価格を達成しました。

Asha230_OneDrive
また、Asha familyはOneDriveに対応。MicroSoftのクラウドサービスを利用することが可能になります。
2.8インチQVGAスクリーン、4GBの内蔵ストレージ、2Mピクセルカメラ、microSDのサポート。クワッドバンドのGSM機です。
価格は€45。こちらも頑張っています。

Asha×Lumia
エロップさんはAshaとLumiaの特徴を併せ持つ新たなプラットフォームの誕生を予告。

NokiaXandX+
NokiaXとNokiaX+です。

NokiaX_Service
つまり、AndroidのアプリケーションとSkypeやOneDriveなどのMicrosoftの人気サービスが使える。Ashaのレンジに位置しながら、Microsoftのサービスが使えるお得な端末と言うことです。

NokiaX_androidSDK
NokiaXはAndroid SDKを使うことによりアプリケーションの開発が出来ます。

NokiaX_mobilepayment
アプリ内課金や試用後の支払い、オペレータへの通信料に代金を含める様なモバイル決済の仕組みも組込まれるようです。

NokiaX_UI
NokiaXのUIをデモ。Windows PhoneとAshaのSwipe UIのいいとこ取りと言う感じです。ホームスクリーンは正にWindows Phoneそのもの。タイルの位置も自由に変えられます。とても早いホームスクリーンだと自慢する通り、動きはかなり軽快です。

NokiaX_Tile
Windows Phoneの様にタイルの拡大、縮小も可能です。
また、Ashaで採用されたSNSやメールの通知、アプリの使用状況が一覧出来るFastLaneも採用されており、AshaとWindows PhoneのハイブリッドなUIになっています。

NokiaX_yandex
Google Playには繋げませんが、なんとNokiaのアプリストアから、独立系のAndroidアプリストアYandexへ。Jollaもこちらのストアに接続することになっており、不思議な因縁です。ロシアのこのアプリストアって結構メジャーなんでしょうか。
NokiaXは4インチのスクリーン、512MBのRAM、microSDサポート、3Mピクセルのカメラを搭載。
NokiaX+はRAMが768MBが増強され、4GBのmicroSDが付属します。
値段はそれぞれ、€89、€99。正に$100スマートフォンで中国メーカの低価格機に対抗します。

NokiaXL
そしてもう一つの隠し球、Nokia XL。5インチの大型スクリーンを持つファブレットと言っても差し支えの無い大型のスマートフォンです。
2Mピクセルのフロントカメラが追加されます。190gとなかなかのヘビィ級端末です。
価格は€109。最安値のファブレットじゃないですかね。

MS_Skype
MicrosoftからはSkypeの美人担当者が。NokiaX familyを購入すると1ヶ月間通話が無料。10GBのドライブが提供されるとのこと。

NokiaX_family

Xfamilyの価格をアピール。この価格は確かにインパクトがあります。
nokia_phone_strategy

Nokiaの端末ラインナップを紹介。新たな製品ラインの完成です。

Nokia×Microsoftそして最後にNokiaとMicrosoftが一つになることをアピール。プレゼンを締めくくりました。

全体の印象としては、新興国や先進国向けのローエンドの端末を中心にした発表であり、このマーケットを非常にNokiaやMicrosoftが重要視していることが分かります。本家のストアにこそ接続出来ないものの、実質的には敵であるGoogleのプラットフォームを内包し、一部そのエコシステムに頼らざるを得ないことは、それらの市場でAndroidに引き離される危機感が強くあるが故のことと思います。
製品的には他の$100Androidに十分対抗可能ですので、今後の力強い成長を期待したいものです。

【Android】【MOTO RAZR】MOTOROLA RAZRのUstやりました


実は入手してから既に1週間以上が経過しています。このMOTOLA RAZRのUstreamTVを行いました。
MOTOROLAの大ヒットした元祖薄型携帯がスマートフォンになって帰って来たと言う事で、その魅力をレビュー。HDMIドックを利用したWebtopのデモなども併せて行っています。
いつもの如く、能書きが多く端末が登場するのはなんと40分過ぎ!初代RAZRから歴代MOTOROLAスマートフォンなど、実機を交えながら紹介しています。
今回使ったスライドはこちらから利用出来ます。

また、録画もしましたのでこちらから見れる様になっています。よろしかったらどうぞ。
1時間45分を超える超ロングバージョンになってしまいました(^^; 適当に飛ばしながら見てください。
MOTOROLA RAZR vol.1
MOTOROLA RAZR vol.2

auからの発売も決定していますし、購入の参考になれば良いのですが。