タグ : g900

【UIQ3】【G900】Coreplayer Mobileを試してみる

CoreplayerはPDAやスマートフォンを幅広くサポートするアプリケーションで動画再生能力の高さには定評があります。
Symbian版が登場した折には早速S60 3rd版を購入して試してみましたが、WindowsMobileでの利用時に比べて相当劣る能力しかなく期待を下回るものでした。
G900を購入してリニューアルされた標準のメディアプレイヤーを試してみましたが相変わらず1時間を超える動画に関しては再生が出来ないようです。(検証中)
そんなこともあって1.25にアップデートしたCoreplayerを試してみることにしました。
まずは使い勝手においては標準のメディアプレイヤーに圧勝です。プレビューを見ながらの送り機能や前回の停止位置を記憶しておく機能など便利機能満載です。(標準プレイヤーでもResume機能がつきました。これは嬉しい。)また再生時の画面サイズなども多彩な設定が出来、フルスクリーンでの表示や利き手に応じたランドスケープが切り替わるのも便利です。ただしその分設定は複雑で、メニューの判り辛さも手伝っていろんな所に散らばった設定を探すのが大変です。
肝心の再生能力ですが、QVGA、MPEG-4/AAC 384kbpsの動画を再生してみましたが
全く問題なし、A2DP再生時でも音飛びや遅れは出ませんでした。画質に関してはかなりきれいです。ただし、ソースによっては必要以上に綺麗に見せようとしているためシャープさが協調されており、その分輪郭部分がジャギーっぽいです。このあたりは標準のメディアプレイヤーの方が好ましい映像を再生します。好みが別れるところだと思いますが。
驚いたのはE90向けにエンコードした768kbps、720×320のMPEG-4動画を再生したことです。強制的に両端が切られてしまうものの、スムーズに再生されます。(後ほど試したら時間が経過するとかなりカクカクします。やはりWVGA向けにエンコードされたものはキツそうですね。)
これがE90のフル画面だと紙芝居になってしまいます。そこで思ったのはCoreplayerはファイルのビットレートや画面サイズが問題なのではなく物理的な液晶サイズ、つまりE90のようなWVGAのような機種だとパワー不足を露呈させてしまうのではないかと思いました。
はっきり言ってQVGA最強と言う感じです。
CorePlayerの残念なところはお試しが出来ないことです。$29.95と決してお安くない値段でこれは致命的。デモ版が配付されるようになれば、もっと普及すると思いますけどね。

【S60】【UIQ3】【G900】M-FEPがOpen Signed Onlineに対応!

M-FEPがOpen Signed Onlineに対応しました!Symbian Signedの開発者向けの認証方法が変わった事も有り、新機種でのM-FEPインストールが事実上不可となっておりました。今回の対応により、Symbian SignedのWebサイトで登録を行う事により端末へのインストールが可能になります。
早速、G900にインストールしてみましたが、起動時に何度かエラーが出たもののそれ以降は問題無く使えています。
NOTEとQuickOfficeに日本語入力出来ましたが、それ以外はだめですね。将来公開されるAll-TCBの付加されたFreeware版に期待したいと思います。
出来るだけ大勢の人、多くの端末が良いのでインストールして気付いたことがあればDigilife掲示板に書き込んでいただくといいと思います。

G900の新NOTEに日本語入力できました。All-TCB版に期待!

【UIQ3】【G900】G900レビューその1 外観編

世はiPhoneの話題で持ち切りですが、やはり時代はUIQです。(大ウソ)まあ一応タッチオペレーションのスマートフォンとしてはパイオニアな訳でUIQ野郎としてはやはりレポートしない訳にはいきません。まずは外観を中心にSony Ericssonの最新スマートフォンG900を紹介していきます。
まず気付くのはこのG900が現在市販されているSony Ericssonの中で最もハイスペックな端末であることです。HSDPAに対応していない事から、その辺りをどう考えるかというところはありますが、同じくUIQ3を採用しているP1iのカメラが3メガピクセルにとどまっている事から現在のSony Ericssonのなかではスペック的には最強端末になっています。特に外観的には際立った所も無く、派手さも無いこの端末がSony Ericssonの中でフラッグシップになってしまっている事には過渡期の事とは言え驚きを感じずには要られません。その辺りが現在のSony Ericssonの悩みであり、問題点であると言えるでしょう。

Generation-Webがターゲットの端末。G900はGeneration-Webと呼ばれるインターネット世代を対象とした端末だそうです。G900のGはGeneration-WebのGという訳ですね。WalkmanやCyber-shotの若年層向けの端末でない、やや落ち着き始めた、ただしインターネットには普通に接しており新しいものには比較的興味があるようなG35世代位がターゲットのようです。
それならば、この渋めのカラーリングも大人しめのデザインも納得いくというものです。

手に持ってみました。薄く非常に軽いです。重さについては100gを切りました。薄くスクエアな筐体な為ソリッド感があってそこそこ高級感もあります。写真で見るほど親父臭くもなく、結構カッコいい仕上がりになっています。

少し前の海外製Cyber-shotとデザインテイストは同じですが、非常に薄型なのでよりかっこよく見えると思います。
ちなみに液晶サイズは2.4インチのQVGA、大型液晶を搭載する機種が増えている現状ではかなり小さく感じます。

上部は電源ボタンのみのシンプルなもの、電源ボタンはかなり小さいので想像の通り押し難いです。

こちらは右側面です。ボリュームボタン、キーロックスイッチ、カメラ用のシャッターボタンなどが配置されます。シャッターボタンは死ぬ程押し辛いです。また持ったとき自然に指がかかる様な位置でもないのでこれも使い難さを増大させます。
この辺はN95あたりの使い易さを見習って欲しいものです。

左側面です。なぜかこんなところに充電&データポートが配置されています。従来通りのボトム部分が望ましいのです。クレードルなどがM600iなどから転用出来ないですね。

左側面下にあるのがストラップホルダー、こちらは従来のバッテリーカバー内の引っかけ式から、P1i以降採用された金属製のフックになっています。

背面には5メガのカメラとフラッシュ、スピーカ(スリット)などがあります。

5メガピクセルのカメラは前述したシャッターの押し辛さに加えて写りも今イチな気がします。この辺の詳細はまたレポートしたいと思います。

意外と打ち易いのがこのキーパッド、電話番号入力や簡単なメモでは全く打ち辛さを感じません。押した時のクリック感も非常に良いです。またナビキーも見た目から想像より操作し易くなかなか良いです。

バッテリーカバーの開き方はいままでのP990iやM600iのスライド方式では無く、上に引っ張り上げる様になっています。
今までの常識で上に無理矢理押し上げていたら壊していた所でした。

注目なのはバッテリーが逆さまに配置されている所、今までに端末の向きとバッテリーの向きは同一だったためちょっと驚きです。

M2スロットがバッテリーカバーを外さないと取り出し出来なくなった様なのは非常に残念。 

スタイラスは割と常識的な治まり。がっちりとボディに固定されているので抜け落ちてなくす事は少ないのではないでしょうか。

スタイラス上側の黒いものがG900用、ブルーがM600i用。長さは短くなっていますが、剛性は高い感じで使い辛さは感じませんでした。

M600iとサイズを比べてみると若干幅が狭くなり、若干長くなっています。

薄さもかなり薄いと評判だったM600よりさらに薄いです。

N95 8Gと比べるとさらにその薄さは際立ちます。
G900は想定している年齢層がやや高めのため、落ち着いたカラーリングやデザインとなっています。ただ実際手に取ってみると薄く、質感もまあまあで非常にカッコいいです。また今までのPシリーズに比べると非常にターゲットが広がっていますので、これはこれでデザインとしては正解じゃないかと思います。
ただ、本来はSony Ericssonのトップモデルにはなり得ないはずが、たまたまとは言えトップになってしまっている事に非常に憂慮します。なぜ発売がかなり先になるXPERIAの公式披露がかなり速く行われたが分かろうというものです。
メーカにとってハイエンド端末はユーザへ先進性をアピールする最高のものですし、フラグシップともなればメーカの顔です。
そういう意味でSony Ericssonは、更にハイエンド機へのてこ入れが必要になりますね。

,

【UIQ3】【G900】G900のマクロ

G900はカメラ性能に期待していたところがありますが、使い勝手も含めちょっと期待はずれなところがあります。
P990iは2メガピクセルながら好ましい画を吐いてくれるので期待は大きかったのですが、どうもG900のカメラは画素数倒れなところがあるようです。その辺は今後詳しく検証していくことにして、とりあえずマクロ撮影に挑戦してみました。
缶コーヒーのおまけのミニカーでパチリ。ピントはダッシュボード辺りに合うように撮影しました。

細かいダッシュボード周りの造作もきちんと描写されています。この辺は腐っても5メガピクセルということでしょうか。
だいたいピントが合うのは被写体から6~7センチというところです。まあ携帯カメラですからこの辺は仕方ないですね。

ミニカーの大きさ。写真ではちょっと分かり辛いですが、メモリースティックDuoより一回り大きいです。しかし市販のミニカーよりは一回り小さいので、かなりコンパクトな被写体であることは判ると思います。

シャッターの押し辛さなど不満点はあるものの、このマクロ撮影(最初は出来ないと思っていた。)のお陰でややカメラに関する印象は改善しています。後は普段撮りの屋外の画質などが良ければいいのですが、その辺は追ってレポートします。

【UIQ3】【G900】GoogleMapsはA-GPSを持つ??

赤丸が実際の測定位置(画像ソフトにより追加しました。)、中央の青丸が取得した測位点。

N95 8GにあってG900に無いもの、それはGPSです。そうは言っても地図機能はスマートフォンに搭載しておきたい。となれば必然的にGoogleMapsのインストールをすることになります。インストールをした時に気付いたことがあります。なんと位置情報を掴んでポイントを表示したのです。東京全域が表示されるような広域な地図ですが、確かに現在のロケーションが表示されました。拡大をして行くと確かに自宅付近にポイントが表示されています。感覚的には自宅から50mほど離れた場所でしょうか、GPSを搭載していないG900が精度はかなり低いものの位置情報を取得しているのです。後日地下部分で携帯の電波の来る場所で検証を行いましたが、再び電波を掴むことはありませんでした。それで先日秋葉原に立ち寄った折、再び位置情報の取得を試みました。実は事前に東京駅で検証を試みましたが、うまく行かず諦めていましたが秋葉原駅を出て再びGoogleMapsを立上げると見事に位置情報を取得してくれました。
秋葉原の電気口、UDX側ですがずれはこんなものです。50~100mは測位がずれている感じでしょうかね。まあキャリアのネットワークから位置情報を得て即位する物ですから目安程度のものでしかないのでしょうがないと思います。
しかし。。。Google恐るべしAndroid登場無くしても携帯の世界をどんどん征服して行ってしまうのでしょうか。

昨日、秋葉原で起きた悲惨な事件には、強い怒りと恐怖を感じずには居られません。理不尽な事件でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

【UIQ3】【G900】G900でiSync

スマートフォンでiSyncと言えばSony Ericssonの専売特許みたいなものでした。それも今は昔、NOKIAは次々と新しいiSync -Pluginを公開していますが、Sony Ericssonのスマートフォンが正式対応したのはいつぞや?という感じ、寂しい限りです。
IntelMac以降BootCampでシンクロソフトのインストールが可能になり、昔ほどMacユーザが同期に苦労するという事は無くなったものの、これにはOutlookというソフトが必要になります。
アドレスブックやiCalというソフトがありiSyncという同期ソフトまであれば、これを使いたいというのが人情というものです。

さてそんなあなたにiSync-Plugin。Feisar.comというサイトで提供されています。シェアウェアですが、US $3と安価ですので買い易いでしょう。サイト上でポチるとPayPalに飛び、決済が終わればダウンロードが可能になります。
後はダウンロードした.dmgファイルをクリックし、手順に従ってインストールするだけです。
iSyncを立ち上げBluetoothの登録を済ませ、デバイスの登録が行わればスクリーンショットの様にアイコンが表示されます。

最初はシンクロにこけていましたが、iSyncを一度立ち上げ直したら無事シンクロする様になりました。
スケジュールに関してはE90の方で管理する事にしていますから、シンクロはさせていません。時間になると一斉にデバイスのアラームが鳴るのが煩わしいのが理由です。
これで今日から普通に電話機として使える様になったわけです。

【UIQ3】【G900】ぶはっ、お騒がせしましたG900復活!

お騒がせしました。ソフトウェアアップデートできるようになりました。(ほっ)
アップデート中。

初期画面が表示。(ほっ)
フォントは当面ごにょらないで大人しく環境構築に励みたいと思います。←期待はずれだって。

【UIQ3】【G900】G900いきなり死亡!(泣)

いやー、やっちゃいました。来たばかりのG900いきなり殺しちゃいました。起動画面で無限ループ立ち上がらなくなってしまいました。
手元に来たG900はどうやら香港版らしく、キーパッドには控えめなピンインの表記があります。当然日本語フォントも含まれていますので、デフォルトでも日本語表示ができます。
妄想通信でmopera(パケット通信)とAirMacExpressに繋ぎ、Operaやっぱり速いなこりゃええわいなどと思っておりましたが、やはり日本語の表示には不満があるのでFontRouterLTでフォント導入をしようとしたのが失敗の元。
一応怖いので、M2にフォントと書き換えたiniファイルを突っ込んで再起動。その後はご存知のとおり無限軌道ループに陥ってしまいました。
頼みの綱はソフトウェアアップデートなのですが、接続するとお前の端末はアップデートの必要は無いよと蹴られてしまいます。
最新機種なのでファーム自体がまだ用意されていないのかもしれません。
でごにょ系のXS++というアプリも試してみたのですが、こちらもファーム自体がまだないみたいでフラッシュができませんでした。
現状は手詰まりの状態です。利用中にカメラ起動でハングしたことがありましたので、ソニエリらしく(爆)不具合はあるでしょうから直にソフトウエアアップデートが公開されるものと思われますので、それまではお預けという感じでしょうか。

せっかくま~さんがTC Publisherを再取得されたのに。。。非常に残念です。(T^T)

ちなみに内蔵フォントは中文版らしく
Sans-Serif_ChinZi.r225.ccc

でした。

【UIQ3】【G900】G900も出荷開始!

G700に続いてG900も出荷が開始されたようです。1shopmobile.comで販売が開始されています。
お値段は$529。$500を切るのも直ぐかと思います。
今だったら出荷間近と思われるE71を狙った方が色々な意味で幸せなんでしょうけどね。値段も多分$400台になるでしょうし。

でもね。でへへへ(^^;