【Windows Phone】WPのPureView? Nokia EOSの写真がリーク!?

20130606-230455.jpg

このブログでも度々話題にしているNokiaの高性能カメラ携帯EOSではないかと思われるリーク画像が、本日携帯系ニュースサイトにアップされました。
EOSは、Nokia初のPureView Technology採用携帯、808PureViewと同じく4,100万画素の高画素センサーを搭載しているのでは無いかと噂されています。今回のリーク画像が本物ならある程度それは証明されたと言えると思います。

20130606-230823.jpg

808PureViewは最近のスマートフォンとしてはかなり厚みのある端末でしたが、このEOSに関してはリーク画像からかなり薄くする努力がなされていることが分かります。事前のリーク情報ではLumia920より1mm薄いと言われていましたが、その情報ともある程度の一致は見えます。

20130606-232012.jpg

ただし、流石に高画素大型センサーを積むためには、カメラレンズ部分の厚みを削る事は出来なくて808PureViewと同じくレンズ部分は大きくボディから出っ張る形になっています。
残念ながら写真から分かる通り、レンズ下の画素数の表示はXX MEGA PIXELとなっており、最終的な画素数が確定していない時期のプロトタイプか、実際にまだ画素数を確定させていないのでは無いかとも想像します。
また、この写真はカメラレンズにカバーが設けられている事も示しています。

20130606-233245.jpg

背面は巨大なカメラレンズに圧倒されますが、正面から見た印象はLumia920と同じく緩い曲面で構成されたデザイン。Lumiaファミリーの一員であることが分かります。

現行のLumia920もPureViewを名乗りますが、BSIセンサーや明るいレンズによる優れた夜間撮影や、強力な手振れ補正機能をもってPureViewを名乗っています。41Mピクセルという巨大な画素数を利したオーバーサンプリング技術で、優れた8Mピクセルや5Mピクセルの画像を生み出すという当初のコンセプトとは方向性が違います。
今回のEOSはそのコンセプトを引き継ぐものと期待され、808Pureviewの様な解像感の高い撮影画像が期待出来ます。

個人的には、今回のリークはAppleのWWDCを目前に控えた意図的リークの可能性もあるのでは無いかと妄想しています。カメラを強化したiPhone5s登場の噂もあり、そろそろSymbian^3デバイスから買い替えを考えている顧客の引き止めを図ろうというものです。
いずれにしろ楽しくなってきました。925に行こうかなと思っていましたが、EOSを待ってもいいかなとも思っています。

【Jolla】Jollaが端末を発表!

Nokiaの元従業員による携帯電話ベンチャーのJollaより、ついに端末が発表されました。Jollaは元々Nokia退職者の起業を支援するプログラムより生まれていますが、その目的はMeeGo開発の継続です。多くのメーカがOSはOEMに頼る中、OSから端末まで自社で開発するという野心的な試みがなされています。
既にSailfishと名付けられたOSは独自のUIなどが発表されており、端末の発表をまつばかりになっていて、昨日発表となりました。

20130521-053302.jpg

端末のスペックとしては

Jolla独自の広大な4.5インチスクリーン
デュアルコアCPUと4G(LTE)サポート
16G内蔵ストレージとmicroSDスロット
オートフォーカス8MPカメラ
ユーザが交換可能なバッテリー
The Other Half(交換可能な背面カバーを表すと思われる。)
ジェスチャーを基本とした Sailfish OS
Android™ アプリへの対応

となっています。詳細なCPUのスペック等はありませんが、LTEサポートからハイエンドもしくはミッドレンジの上の端末と言っていいでしょう。お値段は399ユーロを予定していて2013年の終わりの出荷を予定しています。

今回の発表で最も強調されていたのはデザインで特に”The Other Half”のコピーでアピールされていました。背面カバーは端末の裏側半分を包み込む様になっており、用意された多くの交換カバーによって様々な体験が出来るという事のようです。

20130521-055048.jpg

CEOは退いたが、Jollaの顔はこの人、Marc DillionよりThe Other Halfのコンセプトが発表。前後違う物や動物の組み合わせで全く違うものになるという事でしょうか。

20130521-060120.jpg

箱を持たされているのが新CEO(笑) カラフルな背面カバーが何種類も用意されています。
この箱がスペシャルエディションという噂がありますが、どうでしょう?和菓子詰め合わせの箱にしか見えません(笑)

UIのデモなどはこちらから。

一応、プリオーダは行いました。T-シャツが先行して送られてくるそうです。T-シャツを来て発送を待ちたいと思います(笑)

【Asha】【N9】N9ミニ?Asha 501発表


インドのニューデリーで行われた端末発表イベントにて、Asha 501が発表されました。501は既にリーク情報が流れていましたが、フルキーボード付き端末のAsha 210が発表されていたためAshaのラインナップが追加されるものだと思っていました。つまりTouch UIのSeries40の新端末と言う訳です。

この予想は大きく覆される事に成りました。Asha 501はプラットフォームを一新し、Series40からNokia Asha platformとなりました。
Nokiaの公式ブログであるNokia Conversationsによると

Asha 501は、新しく革新的なものを生み出す為に2012年に買収したNokiaのSmarterphoneへの投資を全て利用し、Series40の長所に基づき構築された新しいプラットフォームが使われています。

Twitterでも話題になりましたが、OSのベースがSeries40かSmarterphoneなのかはこの文章からは判断出来ませんが

結果として、進化したオペレーションシステムは高速で応答性にすぐれ、使い易くなりました。

とありますので、OSにかなり手が入れられた事は確かなようです。

さて、Asha 501の外観ですが正にN9 Miniと呼べるもの、N9を縦方向に潰した感じです。3インチのスクリーンということで、ややずんぐりしており淡いパステルカラーと相まって非常にキュートなデバイスに感じます。

UIは完全に刷新され、NokiaはこのUIをNew All Swipe UIと呼んでいます。ダブルタップによるスリープ復帰、SwipeによるWallpaper画面からのホームスクリーンへの切り替えなど、このあたりはN9と同じです。
大きく変わったのが、メニュー画面(アプリケーションランチャー)とFastLineと呼ばれる2画面の構成に変わった事です。(従来のSeries40はメニュー、テンキーパッド、My Screenの3画面構成)Swipeによってこの画面を切り替えていくのですが、注目すべきなのはFastLineです。
Today画面やソーシャルストリームを合わせた様な画面で、最後に使ったアプリや頻繁に使われているアプリ、再生した楽曲、利用した画像、最新のソーシャルネットワークの更新などが最大50件まで表示されます。NokiaはこれをIntelligent multitaskingなんて呼んだりもしています。この画面に行けば、大半の次の作業へのショートカットが得られると言う事ですね。 続きを読む

【Nokia】【Windows Phone】Lumia 510と620のモックアップ

山根さんにLumia520 510と620のモックアップをいただきましたので、ちょっとご紹介。
型番から分かる通り、520510と620はミッドレンジより下の辺りをカバーするモデル。スペック的には両者似通ったりで、は510はOS7.8、Single-Core CPU 800MHz、256MB RAMと完全に1世代前のスペックです。620については、1.0GHzのDual-Core CPU、512MB RAM、8GB内蔵ストレージなど基本スペックは同一ですWP8以降のスペックです。。発売時期もありますが、むしろ520の方がバッテリ容量(620→1300mA、520→1430mA)や液晶サイズ(620→3.8ich、520→4.0ich)ではスペック的に上にあり、やや下克上な感もあります。


左が620(マゼンタ)、右が520 510(背面カバーは白)です。520 510の方がやや幅広く薄いです。


スペックでは上回る520 510ですが、やっぱりNokiaスマートフォン最低価格帯の端末であり、620に比べると、筐体はやや質感が劣る気がします。


920と比較、これ見るとやっぱり920って大きいですね。ここには明確なハイエンド端末とミッドレンジ以下のモデルの線引きが感じられます。


嘗てのミッドレンジ機710と。710は液晶サイズでは完全に520 510や620に負けています。あっという間に最新デバイスを古びさせるスマートフォンの現状はちょっと恐ろしい感じもしますね。


厚みに関して言えば710は520510や620の敵ではありません。こちらもずいぶんと進化しています。


iPhone5との比較、サイズ的にはiPhone5は520510や620と同じミッドレンジクラスの筐体サイズである事が分かると思います。当然、性能では大きくiPhone5が上回ります。

520510も620も手に収まる扱い易いサイズでカラフルな筐体も相まって、普段使いに良いかもと思わせます。ただし、似たり寄ったりのスペックで筐体デザインでの差別化くらいしかなく、もっと強力な個性も欲しいなと思うのも確かです。今後はCatWalkと呼ばれるデザインに特化したアルミ筐体の薄型モデルや大型カメラセンサーを搭載していると言うEOSなどの噂もありますので、そちらには強い個性を期待したいと思います。

【Windows Phone】【Lumia920】920にアップデートが来た!

まるでMWCに合わせるかの様にLumia920にアップデートが降りてきました。

今回のアップデートはOSの共通的なアップデートとして
 ・Messagingの改善
 ・受話に対するテキストメッセージでの返信
 ・Internet Exploreの改善
 ・Wi-Fiの接続性の改善
また、これらOS独自のアップデートに加え
Nokia独自のアップデートがあり、主にカメラ画質の改善が盛り込まれているとの事、早速アップデートしてカメラ機能を試してみました。


シーサーの置物をマクロで撮ってみました。左がfirm1.0、右が1.1です。(クリックで大きな画像になります。)
ぱっと見、それ程大きな違いは感じませんがPCで等倍に拡大すると違いがある事が分かります。特に鼻の部分のディティールが違います。上が1.0ですが、下の1.1に比べると随分ディティールが甘く、画像が滲んでいるのが分かると思います。



こちらもマクロでみかんを撮ってみました。
1.0の方が白いカビのティティールが良く出ている感じがありますが、よく見ると右側の赤い斑点部分が細かい格子状のノイズが出ているのが分かります。



室内のスナップを撮ってみました。こちらもぱっと見は違いは分かりません。
ただし、あしたのジョーの例の名台詞を拡大してみると、上の1.0はやや粉っぽく点状に成っているのに比べ、下の1.1は色味こそ薄いですがディティールがやや滑らかになっている事が分かります。


アップデートの改善は体感的に大きく変わったと感じるものは無いのですが、カメラ機能は予想通りブラッシュアップされています。
一つ、気付いた大きな違いがあります。LTE接続時の表示は4G→Lに変わりました。
個人的には4Gの方が良かったですが、アップデートでLTEを掴まなくなるような事は無いようでちょっとほっとしています。

【Nokia】【Windows Phone】Lumia520と720が発表

Nokiaが世界最大のモバイルの祭典MWCにおいてLumia520と720を発表しました。
残念ながら存在が噂されている808PureViewと同等の光学センサーを搭載されたハイエンドモデルEOSや新しいアルミ筐体を採用したデザイン重視モデルのCatwalkなどの端末は発表されませんでしたが、WP8以降の700番台を埋めるモデルがついに登場し、500番台のモデルでもWP8搭載と地味ながら確実な進化が見て取れます。
Lumia720は型番からも分かる通りミッドレンジをカバーするモデル。残念ながらLTEはサポートされませんが、カメラ機能には力が入れられており、歴代Nokia最強のf/1.9という明るいレンズ(もちろんカールツァイス)が搭載されています。
今回、PureView冠こそ付けられてはいませんが、670万画素ながらBSIセンサー採用などカメラは良い写りと成るのでは無いかと期待しています。個人的には720と920の関係はNokia全盛時の名機N95とN82の関係を思い起こされるものがあります。
また、4.3インチと言う比較的大型のスクリーンながら重量を128gに抑えたのは頑張ったと思います。512MB RAMでWP8のアプリも問題なく動く事から実はお買い得なモデルではないかと思います。

Lumia520についてはNokiaスマートフォンとしてはローエンドをカバーするモデル。驚いたのはWP8搭載と512MB RAM。完全に上位機種の620を下克上する形と成っており(620も512MB RAMでした。ただし液晶サイズは620の3.8インチに対して520は4インチ)、こちらもお買い得度は高いです。ローエンドの高スペック化は低価格スマートフォンの競争の激しさを感じますし、Nokiaが開発の手を緩めていない事も感じます。

両端末とともに香港、シンガポール、ベトナムで3月中に発売し、第2四半期にはヨーロッパやアフリカ、中国、インド等に投入されます。ここの所、アメリカよりの戦略が重視されてきましたが、まだまだスマートフォンの成長の余地が大きく残されているアジア重視のモデルと言えるかも知れませんね。

この他、最近はタッチパネルモデルが重要視されていたSeries40ですが、ベーシックなキャンディーバーテンキーモデルであるNokia301や最低価格帯のモバイルフォンNokia105などの新興国向けのフィーチャーフォンやモバイルフォンも発表されています。この市場も競争が激しく大変ですが、カラフルな筐体とNokiaらしいデザインでライバル達に負けない戦いが出来るのではと思います。

昨年の印象と比べると端末などは地味な印象が拭えないですが、現在約半年置きに新端末を投入している事を思えば、たまたま派手な端末の発表にうまく当たらなかったのではないかと思います。現在920は毎日持ち歩いて使っていますが、軽さと薄さで720はいいなあなどと思い始めています(笑)

【MISC】謹賀新年 今年ももよろしくお願いします。

昨年は多くの方に大変お世話になりました。
昨年はついにスマートフォンの出荷が半数を超え、普通のものになった年だったと思います。
今年はどんな年になるでしょうか。Nokiaユーザイベントもやりたいなと思います。
それでは、ブログ共々今年もよろしくお願いします。

【Windows Phone】【Lumia920】Wireless Chargerが来た

Lumia920をケーブルレスで充電出来るWireless Charger DT-900が届きました。
既に全てのカラーをコンプしている山根さんのご好意でいただける事に、山根さんに深く感謝です。色は端末色に合わせて白としました。
ご存知の通りDT-900はワイヤレス充電の標準的な規格Qiを採用しています。

パッケージは最近のNokia端末と共通するカラフルなもの。黄色のLumia920が、今回の一押しの色はやはりこれなのね、と言う感じでプリントされています。


パッケージの蓋を止めているシールにはこんな透かしが、開封品と判断可能なものかもしくは偽物防止か。


開けると本体が鎮座するのも端末パッケージと共通。


付属品は極めてシンプル。ACアダプタとケーブル、マニュアル類のみ。


本体上部。滑り止めを意識してか、Lumia端末本体とは違うマットな質感。真ん中の円にはNokiaのロゴがあります。


側面、パナソニックのQi充電器を使ってきましたが、それから考えるとかなり薄くなってます。丁度、モバイルルータを大きくした様な印象です。


背面にはQiやCEなどの表記が。内側に回っている楕円はやはりマットな質感で滑り止めの役割を果たしています。


充電台本体とACアダプタの接続は残念ながら専用ケーブル。細いピンが嘗てのNokia端末用充電ケーブルを思い起こさせますが、今時ですから充電台側はmicroUSBにして欲しかったなと。それだと本体だけ持ち歩いたり、外付けバッテリでの運用も出来たかもしれないですから。


実際に充電してみました。瞬時に充電が開始されてとても小気味良い。パナのQi充電台は充電開始を視覚的に見せる為にブルーの光が移動するアクションがあるため充電開始まで若干のタイムラグがあります。


充電中はLEDランプが点灯します。


パナソニックのQiの充電台との比較。こうしてみるとDT-900がかなりコンパクトである事が分かります。(パナソニックは複数デバイスの充電を想定している面もあります。)

充電時間はやはりケーブル接続時より多く掛かる印象です。パナソニック製Qi充電台がケーブルによるフル充電が2時間程度とすると3時間くらいだったので、同じ様なものでしょう。ただ、それを上回る利便性とガジェットとしての魅力を感じます。

トヨタのアヴァロンにQi充電台が装備されるとの報道もあり、今後スマートフォンの世界でワイヤレス充電が一つのトレンドとなりそうですね。

【Symbian】【E7】Symbianデバイスでウルトラマウスが使えた


週刊アスキーの今週号には特別付録としてゆびきた〜すウルトラマウスが付属しています。これが非常に優れもので、雑誌込みで590円と言うお値段ながら、おおよそ値段からは想像出来ない質感と完成度を持っています。
本体の塗装の質感(プロティン塗装ぽいものでプラスチッキーな感じは皆無。)は良く、ケーブルは絡み難いタイプ、ボタンのクリック感も良好です。唯一、私の個体の問題かもしれませんが、スクロールホールに引っ掛かる所がありますが十分許容範囲であり、全体的な完成度は非常に高いと思います。

このウルトラマウスですがスマフォ対応を詠っています。そこで、登場するのがOTG対応のSymbian^3デバイス。実験にはチルト式キーボードで安定して置いておけるE7を使用しました。


結果は問題なく動作しました。左クリックでショートカットからアプリを起動したり、右クリックはバックキーの役割を果たしてホーム画面に戻ったり、もしくはホーム画面からはメニュー画面(ランチャー画面)に移動します。またスクロールキーはブラウザやGravityで画面上下の画面スクロールが問題なく動作しました。


カーソルが見えるしょうか。実際デスクトップPCの用にカーソルが出現し、ウルトラマウスを操作すれば、ちゃんとデスクトップの様にクリックやスクロールの操作が出来ます。

実用性はともかく、なかなか楽しいです。Symbian^3デバイスを所持されている方は、オーナーの嗜みとしてぜひご入手を(笑)

【Windows Phone】Nokia Windows Phone端末ラッシュ

NokiaのWindows Phone端末発売ラッシュが続いています。
Lumia920、820はもちろんのこと、米最大キャリアのverizon WirelessにはLumia822、同じ米T-MobileにはLumia810とNokiaの北米シフトを裏付ける主要キャリアへの端末提供が続いています。
また、北米と並んでLumiaの最大消費地となるであろう中国に於いてもLumia920、820、920Tの投入が正式発表されました。
特に中国最大キャリア、チャイナモバイルへの920Tの投入は大きくチャイナモバイルの展開する独自3G、TD-SCDMA対応は強力な武器になると思います。

さて、そんな中で山根さんよりLumia820と510のモックをいただきましたのでちょっとご紹介。Lumia920と比べてみました。

こうして並べてみると明確にサイズが違う事が分かりますね。Lumia820は背面がフラットで920より薄く、軽くPureViewを求めないなら画面サイズはやや小さいながら、CPUやRAMは920と同等のためこちらの方が良いかも知れません。
510は型番から分かる様に完全にローエンド、廉価版ですね。OSは7.5(将来的に7.8へアップデート可能)、CPUもシングルコアの800MHzとスペック的には上記2機種よりだいぶ見劣りしますが4インチのスクリーンなど、ついこの間まではハイエンドと言っても良いスペックで十分実用に足ると思います。


特徴的なLive Tileが並ぶ前面に比べると背面はそれぞれ大分印象が異なりますね。

また、そんなこんなの内に新しい端末も発表されています。
Lumia620、型番から分かる通りローエンドからミッドレンジの間に位置する端末ですが、OS8、デュアルコアCPUと十分なスペックを持っています。残念なところはRAMが256MBと言う事くらい。2層のカバーで個性的な外観を演出出来るデュアルショットシェル等、楽しさも忘れていません。2万円そこそこのWP8端末として人気を呼ぶかも知れません。

と言う訳で北米と中国と言うWindows Phoneの最大消費地と目される市場に徐々に端末を送り出せる様になってきました。この勢いを維持しながらシェアを伸ばしていって欲しい所です。