【S60】【E75】見直したぞE75!

この所、E75はdocomo SIMを入れて通話中心のメイン機の定位置をキープしています。
重量がやや重いという難点はあるものの、手にすっぽり収まるコンパクトなキャンディーバースタイルはなかなか貴重で通話専用に使うのには非常に良いです。
いざとなればQWERYキーボードを引き出して、そこそこ長文のテキスト入力も出来ますし結構気に入っています。このキーボード難点を言えばやや打ち損じが多い点で、隣りのキーを押してしまう事がありなかなかリズムに乗れないところがあります。その意味だと私的には、キーの間に隙間があり各々キーが独立したN97のキーボードの方が好みですね。
と言いつつもこうやってブログネタを書いている訳ですが(笑)N97のマルチメディア性能が予想以上に高かった事もあり、そちら方面はN97に任せていたのですが、試してみると意外とE75もやるという事に気付きました。

・HandBrakeでエンコードした動画を再生出来た。
Appleで言うところの業界標準、MPEG-4+AC3ですが、HandBrakeでエンコードしたものはなぜかNokia端末では再生出来ずMPEG StreamClipというソフトで再エンコードしなければなりませんでした。しかし、E75ではmicroSDに放り込んでおくだけで
なんの問題も無く再生されます。CorePlayerのライセンスをこれ以上増やさなくても良く、これは嬉しい。
またA2DPを利用しての再生でも駒落ち等が頻繁に起きることはありません。

写真では分かりにくいですが、N97に比べると眠い感じでやや重々しいE75の動画再生品質。ただし、A2DP利用時でも駒落ちなども少なく十分な性能を有しています。比べること自体ナンセンスなのかも知れませんが、N97は再生品質は非常に高くどっしりとした安定感があります。この辺はフラグシップならでは。

・A2DPも問題無し。
NokiaデバイスはAppleAACはどうも荷が重いらしくA2DPで利用するとノイズが酷かったり頻繁に切れたりしましたが、少々ノイズが乗ったり、ブチッと切れたりしますが許せるレベルだと思います。N95などの一世代前のデバイスは上回っていると思いますね。

という訳でESeriesという事でそれ程期待はしていなかったのですが、意外とマルチメディア性能が高くてかなり見直しているところです。元々ギミックが良く出来ていて好みのデバイスなので尚のこと嬉しかったりします。
マルチメディアはN97に基本的に任せますが、緊急時は十分な性能を発揮してくれることは間違いありません。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

Spam Protection by WP-SpamFree