カテゴリー : Nokia

【Nokia】Nokia、Vertuを売却へ

英フィナンシャルタイムズでの報道とのことですが、NokiaがVertuの売却を検討していてゴールドマンサックスと契約を結んだとのこと。
Nokia自身は報道を否定したようですが、詳しい関係者によると売却が完全に決まった訳ではないとのことです。
複数のプライベート・エクイティ・ファンドが興味示しているとの内容もあり、もし売却が行われた場合、当面はブランド価値を高めるような施策がとられ後に売却という投資ビジネス的な方向で進んでいくのではないかと思います。
Nokiaが現在の窮状を脱却するために比較的安定したVertu事業を売却するという見方もあり、Twitterなどでもその様な意見が聞かれますが、当然その様な側面もあると思う反面、資金調達だけの為に行われると考えるのは単純な見方なのではないかとも思います。
まず、資金についてはMicroSoftとの提携により10億ドルの資金援助が得られると言われる事からVertuの売却益並みの資金調達は既に可能であると思われ、むしろ高級ブランドとして極力Nokia色を消しているVertuはNokiaブランドへの貢献はさほど大きくなく、Nokiaは持てる資源をWindows PhoneとNext Billion向けのマーケットに振り向けるためと思えます。
ただし、現状のNokiaは資金はいくらあっても良いという状況があるのは確かで、ヨーロッパで好調な滑り出しとなったLumia800は通常の3倍というプロモーション費用が効いていることは間違いなく、当面収益よりシェア拡大を重視するというElop CEOの言葉にあるとおり、毎回が3倍のプローモション費用的な豊富な販促費を持つSamsungやブランド力の高いAppleに対抗していかなければならない点から、引き続き大規模なプロモーション活動を展開していくのでは無いかと思われるからです。
初代Droidがなぜ売れたか、Samsung Galaxyがなぜ売れ続けているかという事です。当然、ものがダメなら市場に受け入れられないのは確かですが、かと言って良いものを作れば市場でHITするかと言えば、そうならないのが現実です。HPのwebOS端末がいい例でしょう。
Nokiaは持てる資源をWindows PhoneとNext Billion市場に振り向けるため、あえてNokiaブランドへの貢献が低いVertuを切り、背水の陣を取ったのだと解釈しました。まだ、Vertu売却は決定事項ではないので今後の動きに注目したいと思います。

【Nokia】【Symbian】Symbianはまだまだ進化する。CarlaとDonnaのアップデート

Symbianの今後としてはWindows PhoneへNokiaがスマートフォンプラットフォームへの移行を行い、2015年頃までに緩やかに退役していくだろうと言われています。Belle以降の方向性が見えないこともあり、大きなテーマであったユーザエクスペリエンスの改善がある程度の完成を見た現在、NFCやBluetoothの新版など時流に応じた改良が加えられる程度で今後の大きなアップデートは無いだろうという見方をしていました。
ただ、モバイルの世界で3年間も手が加えられないというのは全く競争力が無く、やはり時流に合わせたメンテナンス的なものだけではなく、改良は加えれていくようです。

My Nokia Blogによると、メキシコで行われた開発者向けイベントのようですが、”Carla”と”Donna”というBelle後継のバージョンが発表されたようです。Carlaではいくつかの機能追加が行われるようで

・8.0ブラウザ(Belleで来ると言われていたHTML5対応が強化されたブラウザではないかと、ちなみにBelleは7.4、Anna7.3)
・ドルビーサラウンド
・NFC
・ベストWidget

またDonnaは
・Dual Coreに特化する

ということで現在のSymbian^3機にはCarlaまでのアップデートは対応するようです。登場は2012年の後半か2013年の早い時期ということで大分先のことになります。
個人的にはSwipeUIに対応して欲しいところですが、そこまでは情報は出てないし、そこまでの投資をするかにも疑問があるところです。Widgetに対応するということから完全にHarmattanのUIと同一になることはあり得ないですしね。
これに呼応するように来年2月のWMCでN8の後継となる高性能なカメラ機能を持つハイエンドなSymbian端末の登場も噂されており、勇退が噂されている2014~2015年辺りまではWindows Phoneの弱い部分を埋めていく存在になるかと思います。
まだまだ、Symbianでもお楽しみは続きます。

【Nokia】【Windows Phone】主役はWindows Phone Nokia World 2011

“人々がNokiaと聞いて何か特別な事を感じ、経験する様になりたい。”ステファン・エロップCEOはそう語りました。今回のNokia Worldの基調講演は、昨年のSymbian一色のNokia Worldから、衝撃の2.11イベントを経て一転、予想通りWindows Phoneが主役のイベントになりました。

Nokia Worldは新製品の発表の場としてだけではなく、Nokiaの今後の方針を指し示す大切な発表の場でもあります。基調講演の内容を振り返りながらNokiaが示した未来への提案を検証する事にしましょう。

発表は大きく分けて2つありました。ローエンドであるSeries40を中心とした話、Windows Phoneという新しいハイエンド。

“人々が体験を共有する” ”Next Bilion”

Series40の新しいモデル3機種が発表され、いずれもAshaという愛称がついています。200と201のQWERTYキーモデル、300のTouch and Typeモデル、303はTQWERTYとタッチパネルの組み合わせです。
何れも€50〜115程度の戦略的な価格設定がなされており、発展途上国や新興国において急激に存在感を増す中国携帯に対して十分な競争力を持ちます。
通話やSMS中心の単機能携帯からソーシャルネットワークを中心としたコミュニケーションへ、”人々が体験を共有する” “次の10億人の為に”の端末なのです。

そして満を期しての、Windows Phoneの登場。Windows PhoneにもLumiaという愛称がついています。バーニングプラットフォーム以来待っていた、その成果がやっと発表されました。一時は、年内なんとか1機種を投入するという話でしたが、ヨーロッパを皮切りにlumia800とlumia710が投入されます。

“lumiaはNokia最初のWindows Phoneは現在のスマートフォンのデザインとクラフトマンシップの先頭を行く”

lumia800はN9と非常に良くにた筐体で、型番から分かる通り超ハイエンドからはちょっと下に位置する端末、N9と違いカメラボタンを有しますがカメラモジュールやレンズは同じで事実上の兄弟機でしょう。

lumia710はN9と内部的にはほぼ同じ、ハードスペックはやや劣りますがNokia603に良く似た筐体で丸みを帯びてフレンドリー、筐体色も豊富です。

またWindows Phone向けのストリーミング音楽配信サービスMix Radioが発表され無料で提供されます。

今回はSmartDeviceの責任者であるヨー・ハロー氏や工業デザインのMarco Ahtissari氏は登場しませんでしたつまりSymbianやMeeGoが大きく取り上げられる事はなかった事からも、Nokiaの今後の方針が見えてくると思います。
Next Billionに向けたSeries40を中心としたローエンド携帯とWindows Phoneを中心としたミッドレンジ、ハイエンドスマートフォン、2.11の衝撃の金融イベントから示されたスマートフォンプラットフォームの移行、MobilePhoneへの投資は着々と進んでいて戦う準備は整いつつあります。来年度以降、Nokia反攻があるものと十分に期待できます。

尚、今回の発表を受けてまたスマートデバイス寄り合い幹事団でイベントを計画しています。11月末都内某所ということで現在準備を進めています。Nokiaファンの楽しい集まりにしたいと思います。

【Nokia】【Symbian】Anna再起動問題その後

旅の途中のLeoさんがAnnaの再起動問題に付いて、有効と思われる手段を探してくださいました。
方法はきわめて簡単restore(ソフトリセット)を行う事です。

Settings>Phone>Phone management>Factory settings>Restore

を実行するだけで、再起動の頻度が劇的に下がるそうです。
今までAnna再起動後起きていた、再起動ポイントでの再起動ループが起きなくなり、発生したとしても数時間置きのようで、今までの様に全く使えないという状況ではないようです。
twitterでも複数の方から再起動が収まったという声がつぶやかれており、有効な手段である事は間違いないと思います。
再起動問題に悩まされている方はお試しください。

【Nokia】【Symbian】Symbian Belle ユーザエクスペリエンスをシンプルに


Annaの公式な配布が開始されて、ちらほらSymbian
Belleの情報を目にする機会が多くなって来ました。Belleの使用感などを交えながら、Belleを紹介して行きたいと思います。
Symbian BelleはAnnaに続くSymbianの最新OSでSymbian Foundationで開発していたSymbian^4の機能や特徴を大きく引き継ぐものです。Symbianは長らくOSのリニューアルに努めて来ました。その目的はNokiaがSymbian Foundationに提出したSymbian^4に関する提案書を見るとよく分かります。そこには”Symbian^4とはS60 5th Editionのユーザエクスペリエンスをシンプルにする事”だと書かれています。Symbian^3はS60 5th Editionをベースにしており、元々はテンキーパッド付きの携帯電話を想定していましたが、時代の要請に従ってタッチオペレーションUIに変更してきました。既存のユーザが違和感無く移行出来ると言うメリットはあるものの、フルタッチUIとして中途半端な面がありました。また、スマートフォンとしてはかなり初期に登場した事もあり、年々機能を追加する度に操作が複雑になっていく面もありました。UIをシンプルで美しく、そして新しいユーザ体験をそれがSymbian OSリニューアルの目的です。

・AVKONとの決別
S60のユーザインターフェイスをAVKONと言います。元々、スマートフォンの黎明期に未来志向な他のSymbianコンソーシアムメンバーと違って、まだまだ市場はテンキーパッド携帯電話を求めていると考えたNokiaが作った携帯電話向けのUIです。テンキーパッド、ナビキー、2つのソフトキーを前提としたUIとなっており、AnnaまでのSymbian OSではフルタッチUIでもOptionやExitといったテンキーパッドのUIのなごりを残していました。テンキーパッドデバイスの時はそれなりに合理的なUIだったのですが、タッチオペレーション主体の操作となると中途半端な感じは否めません。今回、そのAVKONのUIを廃止して全く新しいUIを導入するのがBelleという訳です。

・Qt Quick Componentsによる新しいUI
今回、ダイヤログやボタンなどUI部品はQt Quick Components for Symbianのものを利用しています。角を丸め、陰影を付けたダイヤログなど見映えのいいUIとなっています。これらの美しい部品を利用して開発者はOSと同等のリッチで美しいアプケーションの開発が出来ます。

・新しいステータスバーとツールバー

ステータスバーはインジケータなどを見直す事により、従来の半分程の高さになりました。具体的には従来のバッテリの残量を示すインジケータは縦に7つ並ぶようになってました。これを横に倒した電池のアイコンに変える事によりステータスバーを低くすることを達成しています。これは画面を出来る限り広く使うことに貢献します。
また今回大きく変った事としてステータスパネルの採用が上げられると思います。これはAndroidで採用されていたものであり、次期iOS5でも搭載されるものです。ステータスパネルに表示されている情報の表示に加え、データ通信やWiFi、BluetoothのON/OFFなどが出来ます。Androidデバイスと同じく、ステータスバーを指で押し下げていく動作で表示させる事が出来ますが、Qtならではの滑らかな操作感が楽しいです。

ツールバー、ここが最もUI的に大きく変ったと感じさせる箇所では無いでしょうか。

従来のAVKONのUIではここはOptionとCallやExitと言ったソフトキーに割り当てられたものになってました。テンキー、ナビキー、ソフトキーで操作するテンキーパッド付携帯電話の時はそれなりに合理的なUIでしたが、タッチ操作を前提としたUIとなると中途半端な感じは否めません。そこで、今回Belleで大幅な改変が行われました。
従来の様な文字によるメニューやコマンド表記を止めて、視覚的に分りやすいシンボル表記に改められました。また、テンキー携帯のUIを捨てた事により2つのソフトキーに拘らなくていいので、3つないし、4つにメニューを増やす事も出来ました。これによって頻繁に使う機能についてはメニューから起動しなくてもタッチのみで利用出来、利便性が上がりました。
例えば、基本のホーム画面はメニューのショートカットが追加されました。従来はホーム画面切替えキーを押して切替えを行っていましたが、Callボタンを損なう事なくメニューの追加が出来ています。(メニュー画面は従来通りホーム切替えキーでも切替え可能。)

・自由度が高まったホームスクリーン

SymbianのホームスクリーンはAndroidデバイスと同じく、複数のホームスクリーンとWidgetやショートカットを配置出来るユーザがカスタマイズ可能なものでした。ただし、Widgetのサイズは固定、ホームスクリーン間の移動は不可とカスタマイズ性はライバル達に劣るとこがありました。
Belleからは様々な大きさのWidgetがサポートされ、ホームスクリーン間でWidgetを移動させることが可能になりました。またWidgetもリニューアルされたものが数多くあります。まず、ClockのWidgetはデジタルとアナログで別のwidgetになりました。メールのWidgetは3件までのプレビューまで表示されるようになり視認性は増しましたが、4×3(ショートカットのアイコン一つを1単位とし、横の数×縦の段数で表わしています。)のサイズに大型化しています。


逆にWiFiのWidgetの様に2×1の様に小型化されたものもあります。

人によってWidgetの大型化によるスクリーンのスペース不足や逆に小型化による情報表示の低下に不満を持ったりする場合もあると思いますが、その辺りは開発者の方が色々なWidgetを登場させてくれる事に期待したいと思います。

・アプリケーションもより使い易く
アプリケーションの機能そのものは、従来と大きく変わるところはありませんが、所々に工夫が見られ使い勝手が上がっています。
例えば、メールについてはExchange Active Syncに対応していますが、ツールバーにシンクロボタンが追加されました。従来の様にOptionからsend and
receiveを選ばなくても、アイコンを1度タップするだけでメールの同期が開始されます。

Calendarについても同様です。従来、月間、七曜、日表示を切替えようとした場合、optionからChange viewを選ぶ必要がありました。Belleはツールバーにあるカレンダーの表示切替えを示すアイコンをタップすれば、それぞれの月間表示や七曜などのアイコンがポップアップし、切替えを行なう事が出来ます。

ブラウザについても、ブックマークのアイコンがツールバーに追加されて、これがなかなか便利です。
また、大きな変更としてブラウザ上でテキストをコピーして、他のアプリ等に貼り付ける事が可能になりました。

地味ですが、タッチ操作に最適化されたUIを採用することにより使い勝手を上げているのがBelleなのです。

・メニューを一新 MeeGo Harmattanと同じに


従来メニュー画面はよく使うアプリケーションショートカットやフォルダが並べられたもので、サーパーティ製のアプリケーションはApplicationフォルダに収められており、更に階層を掘り下げる必要がありました。
この形は改められ、サードパーティ製アプリも同じ画面に収められるようになりました。見えないところはスクロールで追うのですが、サードパーティ製のアプリが際限無く増えていったらどうするんだという問題はあります。階層が複雑となる事で使い難さを感じさせていたUIはシンプルとなり扱い易さが増したと思います。

・バイナリブレイクは起こらない模様
BelleはSymbian^4で実現されると言われていた機能や特徴をかなりの面で取り入れています。
Symbian^4ではQtがUIフレームワークとなり、従来のAVKONは廃止される予定でした。実際、Belleでも同様の事は行われ、BelleはQt
Quick componentsを使ってUIを構築しました。もう一つ言われていたのは、従来のAVKONのAPIは全てQtベースのものに置き換えられ、従来のS60のアプリケーションは互換性を失ない動作しなくなるというもの。これをバイナリブレイクと呼び、Qtを前面に押し出し生まれ返ることでプラットフォームを発展させる事が目的でしたが、Nokiaはそれを選ばなかったようです。Windows Phoneへメインのスマートフォンプラットフォームを移行させる事が決定した現在、一時的にでもアプリ互換性を失なう事は致命的で現実的選択を行ったと言えるでしょう。
Symbian^3端末はBelleでも従来通りAVKONとQt両方のアプリが動作します。

・まとめ
BelleはS60が3rdや5thにアップデートした時と同じような大きなアップデートです。AVKONという今までのOSのユーザインターフェイスを捨てた事で、最も大きなユーザエキスペリエンスの変更と言っても差し支えないと思います。
この試みはある程度の成功を収めており、従来の階層を遡る複雑な操作やキーパッド操作と折衷の中途半端な操作が改善され扱いやすくなっていると思います。
もう2世代位Symbian^3で行なわれて来たアップデートが来れば、MeeGo
Harmattanの様なシンプルでエレガントなUIになったと思うのですが、それは無いものねだりというものでしょう。現状、N8でも快適に動作しており、既存のSymbian^3ユーザとしても安心してアップデートを行なう事が出来るでしょう。
また、Belleの性能を最大限に引き出す、新しいハードウェアを採用したNokia 600、700、701という製品も控えており今後が非常に楽しみです。

【Nokia】【Symbian】Symbian Annaの再起動問題

TwitterのTLでNokia好事家の皆さんから、Symbian Annaにアップデート後SoftBank Mobileのネットワークで再び再起動を繰り返すスポットが発生する現象が起きているとの報告が数多く出される様になりました。
S60 3rd Editionや5th Editionで発生していたものと同じ現象で、その後Nokiaが対策を取ったらしくAnna以前は収まっていました。
しかし、端末事業撤退からそろそろ2年、対策を止めたのかもしれません。
いずれにしろ既存のSymbian^3ユーザにとっては困った問題でなんとか直してもらわないと安心して電話として使えません。

という訳でNokia Supportのディスカッションフォーラムに書き込みを行いました。EUなのでどこまでの効果があるかは分かりませんが、元Nokiaに勤めていた某氏によると内部で問題提起するより、ユーザの声の方が会社を動かす力は大きいそうです。

どんどん書き込んでください。リンク先は下に

Once I update to Anna,I found place not stop rebooting.

某氏によると、シンガポールでも同様の現象は発生したそうです。既に端末事業を行っていない日本よりも海外での現象の報告の方が効果的かもしれません。
再起動問題に悩まされている方、将来に憂いを感じている方はどんどん書き込んでください。
よろしくお願いします。

【Nokia】【Symbian】8/24にBelle 3姉妹が公開される

NokiaのFacebookアカウントに新しいSymbianデバイスの登場を示すテザー広告が登場しています。

SOMETING ON SYMBIANのコピーが示す通りSymbianデバイスに対する何かが登場する事は間違いないです。
先日、香港で既にリークしているBelle3姉妹、Nokia600、Nokia700、Nokia701が発表されるとの噂があったことからBelleの発表があるのではと言われています。
また、Belleの(アイコンが設定されていない場合の)アイコンが3D化されていることから何か3Dに関する発表があるのではとも言われています。
カウントダウンから見ると日本時間の8/24 22:00位に発表がある模様。Nokiaファンはこの時間帯Facebookに注目です。

【Nokia】【Symbian】Belleと1GHz CPUのSymbian端末がリーク

Nokiaの最新Symbian端末の情報がリークしました。これらには最新のSymbian OSと言われているBelleが搭載されており、予てから約束されていた通り1GHzのCPUが搭載されています。

The Nokia Blogのリークされた画像によると

・Heren(Nokia701)
1GHZ CPU
より良いユーザ体験のWebブラウザ8.1!
3.5インチスクリーン(CBD)
8Mピクセルカメラ
C7の後継機

・Zeta(Nokia700)
1GHz CPU
超薄型(8.8mm?)
NFC
3.2インチスクリーン(CDB)
カメラ見えず。。。

・Cindy(Nokia600)
1GHz CPU
エンターテイメント重視
FMラジオアンテナ搭載
NFC
3.2インチスクリーン(有機EL)
5Mピクセルカメラ
魅力的な値段

という感じです。この他にFate(Nokia500)というのがありますが、S60 5th Editionらしく廉価版の扱いの様です。

全般的にハードウェア性能はミッドレンジを意識したものであり、この辺りは今年の後半登場すると言われているWindows Phone 7端末との棲み分けをしているものと思われます。
BelleはSymbian^3 PR3もしくは2.5と呼ばれるAnnaの後継OSであり、スケジュール通りならUIの大幅な改変がなされ、全く新しいユーザ体験が提供されるはずです。
先程、発表されたN9のUI開発の成果がフィードバックされることも以前に表明されており、こちらも楽しみであります。

【Nokia】次の10億人にアプリをもたらす為に-Nokia Connection 2011-

派手なN9の発表ばかりに気を取られていますがNokiaはNokia Connection 2011で非常に重要な発表をしました。これはスマートフォンプラットフォームをWindows Phone移行するのと同じ位重要な出来ごとです。
Nokia Connectionは大まかに言って3つの大きな発表がありました。将来的にSeries40にQtが対応していく、Symbian Annaの投入とそしてMeeGoスマートフォンN9の発表です。これら3つを繋ぐキーワードがQtなのです。
QtはマルチプラットフォームをサポートするUIフレームワークとアプリケーション開発環境の総称で元々はデスクトップ向けに開発されていましたが、現在はモバイル向けにも開発されており、Windows Phoneに戦略転換する前はSymbianとMeeGoのUIブラッシュアップとアプリケーション開発において非常に期待されていました。
現在のNokiaのビジネスはWindows Phoneをメインのスマートフォンプラットフォームに移行すると決定はしているものの、まだまだ数年はSymbianに頼らざるをえず、Qt開発者のアプリケーション開発による協力が必須です。MeeGoで多くのLinux開発者に参加してもらいクロス開発によりアプリの数を飛躍的に増やすというのが目論見でしたが、前述の戦略転換により開発者も離れていく雰囲気がありました。
そこで今回のSeries40のQt対応、Series40は携帯電話のOSでスマートフォンの様に派手ではありませんがNokiaのビジネスを下支えする非常に重要なプラットフォームです。これは数億台規模の大きなビジネスであり、アプリケーション開発者にとっても大きなビジネスチャンスになります。
一部に低価格のAndroid機との競合からこの戦略を疑問視する声もありますが、本当にそうでしょうか。高機能だけが勝敗を決っするものでは無いと私は思っています。NokiaはWindows Phoneプラットフォームへの移行を発表した衝撃の金融イベントで大きく削減する研究開発費の中でMobilePhoneへの投資については増額する方針を発表しています。Nokiaが強みを発揮しているインドなどの新興市場で通話中心の単機能携帯から移行してくる通話+αを求める、つまりフューチャーフォンを求めるユーザが爆発的に増えると読んでいるのでしょう。高度なインフラを必要とするスマートフォンより、こうした特定の機能に特化したフューチャーフォンの方が有利に働くというのは十分考えられる事です。
正にQtは”次の10億人のユーザのためにアプリケーションを提供する”なのです。財政的な問題ばかり取り沙汰されて、非常に辛い報道が多かったのですが、やっとNokiaの戦略が回転し始めたという感じです。

【Nokia】MicrosoftがNokiaの携帯電話部門を買収の噂再び

Nokiaの第一四半期の業績が思わしく無く、第二四半期も厳しい経営を余儀なくされることから業績を下方修正、株価は近年にない低水準を示しました。これを受けて再び持ち上がって来たのがMicrosoftによるNokiaの携帯電話事業買収の噂で買収額は19億ドルだとか。
情報発信源はロシア人ジャーナリストEldar Murtazin氏、NokiaのWindows Phone採用を予想したことから注目を集めている人物であり、Nokiaと端末リークを巡って揉めている件もあり反Nokiaの急先鋒でもあります。
この噂がロイターによって報道されましたが、Nokiaスポークスマンは”全く根拠がない”と完全否定。(なぜか日本の報道は”明言を避けた”になっています。)
大雑把に言えばAppleになりたいMicrosoftと経営が苦しいNokiaとの間で執り行われる買収劇という事になると思いますが、どうでしょう?MicrosoftはDangerというSidekick端末を持つ携帯電話メーカを買収した過去があり、その資産を生かせず低価格スマートフォンKINの立ち上げに失敗しています。また独禁法的観点から再びEUがMSに大して厳しい処置を取る可能性も否定できないのではないでしょうか。
まあ、希望的観測もかなり混じってますが、何が起きてもおかしくない状況です。今後の成り行きにも注目して行きたいと思います。