月別アーカイブ: 2015年1月

2015年1月11日の鳥撮りその3

1月11日の鳥撮りもその3今度こそ本当に終わります(笑)
ツグミ150111_01
カワセミの留まる池の逆を見るとツグミさんが。

シメ150111_02
ツグミさんの近くで蠢く鳥さん。別のツグミさんかなと思うとシメさんでした。ノートリでこのくらいの距離。

シメ150111_04
しかし、凶悪顔ですな。

シメ150111_06
夜道であったら卒倒するレベル。

シメ150111_10
等倍で切り出してみました。もっと塗りっとしているかと思ったら細かい毛のディティールもちゃんと残ってます。

シジュウカラ150111_02
暗い中でシジュウカラさん。ちょっとノイズ多いか。

キンクロハジロ150111_01
水鳥が集まるところにまた戻りました。キンクロハジロさん。

キンクロハジロ150111_03

オナガガモ150111_01
ここではオナガガモが最大勢力ですかね。去年はヒドリガモが多かった気がしますが。

オナガガモ150111_03
オナガガモは可愛いですね。水鳥の中では一番好きかも。

オナガガモ150111_05
メスと一緒に。

DSCF1309
貼り忘れたものと、後から撮ったミコアイサさんを。なんかいい感じになってます。

ミコアイサ150111_29
まったり流されながら。

ミコアイサ150111_17
口を開きました。

ミコアイサ150111_32
動きが活発になってきました。

ミコアイサ150111_40
逆向きでおしまい。

この他、アオジさんやヒヨドリさんもいました。見ることは出来ませんでしたがシロハラやルリビタキも入っているようです。
パンダさんには冬をゆっくり越してもらって、また来年来て欲しいですね。

2015年1月11日の鳥撮りその2

1月11日の鳥撮りは市川某公園の続きです。パンダガモことミコアイサさん以外の鳥を追います。
ハクセキレイ150111_01
池の周りを歩いていると岩にハクセキレイさんが相当近いですが逃げません。やっと直ぐそばを通行人が通って真上の木に留まりました。

ハクセキレイ150111_03
それでも逃げなかったハクセキレイさん。凄く人馴れしています。

ユリカモメ150111_02
ユリカモメさんがシャウト。ノートリです。

ユリカモメ150111_05
ユリカモメさんは暴れん坊、急に舞い上がって時には近くにいるカモ類を攻撃します。

キジバト150111_01
キジバトさんも1m以内を人が通っても気にしません。ドバトみたいです(笑)

キジバト150111_02
流石に踏み潰すくらいの近くを人が通ったら飛び上がりましたが近くの木の上に。この通り体を膨らませてまったり。

カルガモ150111_01
カルガモさんは鼻腔にピントを合わせました(笑)柔らかく撮れました。

カワセミ150111_04
カワセミさんが足元の杭にノートリです。今までで最接近かも。

カワセミ150111_05
本当に近い。逆光と照りつける陽光が辛いですが、これだけ近ければなんとかなります。(もちろんLightroomあってこそですけど。)

カワセミ150111_07
こんな木に留まる仕草も。人を気にしていないのが分かります。オス2羽が追いかけっこをしていましたが、多くのカメラマンがいても同じ岸辺を行き来しているだけです。

カワセミ150111_12
これもノートリですが、いつもだったらこれでも相当近いという所です。

カワセミ150111_13
再び、ミコアイサさんや他のカモ類がいる場所に戻ろうとすると。正に目の前の木にカワセミさんが留まりました。先ほど生涯最接近といいましたがこちらの方が更に近い。
首の辺りの白い毛が飛んでいていつも巡回する達人さんのブログではボツとなるそうですが(達人は妥協しないのね。)、気にしないでいいですよね。

カワセミ150111_16
絞りは目盛50位にしていたのですが、それでも頭の途中からピントが外れていっています。

カワセミ150111_16
等倍で切り出してみました。人間でいうと眉間あたりの羽毛がよく解像していますね。

絞り込んでもっと解像させたかったところですけど。操作しているうちに飛ばれたかもしれないし、これはこれで良しとしましょう。

ここは鳥との距離が本当に近いです。勝手な思いですが、鳥もストレスをあまり感じていないように思われて人との良い関係が築かれている気がします。
もちろん、普通に訪れる近隣の方が餌などを与えておりその行為の是が非は置いておくとして、そういった餌付けなども影響していることも確かでしょうけど。

このその2で終わりつもりでしたが、まだ鳥さんはいますのでその3に続きます(笑)