カテゴリー別アーカイブ: ウソ

2016年2月27日の撮り鳥その2

WP_20160227_10_53_10_Pro
2月27日の撮り鳥の第2回。八ヶ岳高原ロッジの屋外に設けられた餌場で撮影させてもらったお礼にと館内のレストランでお茶を飲むことにしました。レストランのベランダには餌箱が設けられており、次々に野鳥が飛んできます。急いで車にカメラを取りに戻り、レストランの方に断りを入れて撮影を開始しました。

DSC_1436
餌箱までの距離はノートリミングでこんな感じです。外部の外箱より断然近いです。富士山の水場で撮りましたがあれは繁殖地なのでウソさん今シーズン初撮りになります。

DSC_1436
思いがけず近いところで撮影できて良いD810の解像度テストになりました。クロップ無しの500mmということで神奈川の有名なお山の水場でX-T1+BORGで撮った時ほど解像していませんが十分と言えます。

DSC_1479
ここでも最大勢力はカワラヒワさん。いろいろなフィールドで群れでよく見かけますがここまでの接近はなかなかありません。圧縮されているので中々分かりにくいと思いますが今まで撮った中で一番解像していました。

DSC_1517
こんな珍客も。ひまわりの種を狙ってリスさんもやってきます。

DSC_1572
再びカワラヒワさん。こうして2、3羽で餌箱に乗るのもしばしば。

DSC_1605
シメさんもやってきました。野辺山周辺は鳥影が少なかったですがロッジ周辺の森は多くの鳥が飛び交っています。

DSC_1628
コガラちゃんは床に置かれた餌を取りにやってきます。こちらはさらに近く解像度テストに最適です。

DSC_1630
しかし、AFが働かない。下の雪の所為かと思っていましたが6mのフォーカスリミッターがONになってました(^^; ここはマニュアルでピントを合わせました。

DSC_1630
ピクセル等倍で切り出してみます。十分な解像度です。D810+200-500ズームでも解像厨ごっこは出来ますね(*^_^*)

DSC_1659
シメさんもしっかりした毛の質感が出ています。

DSC_1672
ターゲットはウソさんでした。登場回数はそれほど多くないですがサービスは良かったです。

DSC_1789
こんな風にベランダの手摺に止まってしばし餌箱から取った餌でお食事してくれますので撮り易かったです。ガラス越しになってしまいますが美味しい紅茶をいただきながら野鳥撮影が出来てなかなか満足。丁度、宿泊客の朝食が終わり他の客がいない午前中はおすすめだと思います。

DSC_1872
再びお目当てのコミミズクやハギマシコさんを狙って清里周辺を回りますが空振り。日本の電車最高点野辺山付近でも散策してみますが、このカワラヒワさんと。

DSC_1879
枝破りのベニマシコさん。

DSC_1882
そしてこれも薄暗いところのカシラダカさんくらいでした。

この後再び開拓記念碑周辺や清泉寮付近を散策してみますが、お目当ては現れませんでした。雪も舞い始めましたので撤退を決めました。お目当てに逢えないのは残念でしたがそれはまたの機会にということで。

2015年8月15日の撮り鳥

WP_20150815_12_00_18_Pro
8月15日の撮り鳥は富士山へ。郷里が山梨ですので帰省のついでということになります。嫁さんを駅に送り届けてのやや遅めの出発なので確実に撮れるここにしました。

富士山は現在マイカー規制中。麓の駐車場に車を止めてシャトルバスで目的地に向かうことになります。ホシガラス、ウソ、ヒガラ、コガラ、キクイタダキなんてところがお目当の鳥さんですかね。

40分ほどバスでスバルラインを登り、4号目付近の停留所で降りたほど近くに水場はあります。

水場で撮影させて貰うお礼にと嫁さんへのちょいとしたお土産を買って撮影を開始します。

BORG90FL+X-T1。ここではこの組み合わせが最適というか、人によっては長いという人もいるでしょうね。引いた画を撮るなら換算400mm〜500mmくらいがいいかと思います。

BIRDERでも鳥くん♪のコーナーで紹介されましたが、世界遺産でマイカー規制が更に厳しくなった後はカメラマンは激減しているそうです。今回も座敷の方から超望遠コンデジやビデオカメラで撮られていた2名の方以外カメラマンはいませんでした。

DSCF8794
最初に現れたのはルリビタキ♂さん。個人的には冬の鳥というイメージがありますがここは繁殖地。綺麗な青の成鳥さんです。

DSCF8797
溶岩の上に留まりました。この♂さんとても水浴びがしたかったみたいで2度ほど水場に降りてきました。

DSCF8798
ノートリミングでこんな距離。強い光が当たり過ぎの場合もありますが、昨年訪れた時より光は良好だった気がします。

DSCF8808
水浴びして毛がボサボサになってしまったの図ですね。

DSCF8846
次にやってきたのはルリビタキ幼鳥さん。頭部にボコボコとした白い点があります。

DSCF8849
♂さんを渋い画像で。作品的にするならもうちょっと右側を開けないとダメですね(^^;

DSCF8892
幼鳥さんは水浴び開始。これはまだそれほど濡れてない様子。

DSCF8902
こちらはかなり濡れて毛がボサボサに。

DSCF8915
ウソさんもやってきました。♀さんですね。

DSCF8917
ウソ♀さんも水浴び開始です。

DSCF8925
ちょっと濡れダルマ状態。冬のふくふく感と違いまだスリムですね。

DSCF8982
♂さんもやってきました。水浴びの機会を狙っているのかな。

そういえば昨年は頻繁にやってきてもういいよ(笑)という感じだったホシガラスさんが現れません。今日は時間もある程度限られているし大丈夫かななどと思い始めました。

という訳で写真も多くなったので次回に続きます。写真はいっぱい撮ったので、このシリーズ3回くらいになってしまうかも。