カテゴリー別アーカイブ: オオワシ

2017年2月18日の撮り鳥

WP_20170218_07_53_29_Pro
2月18日の撮り鳥は諏訪湖へ。お目当てはもちろん、グルの愛称で地元の方から親しまれているオオワシさんです。衰弱して保護されて以来18年連続で飛来しており、今年で22シーズン目とのこと。今回は郷里山梨へのプチ帰省に合わせてこの地を訪れました。17日は定時で退社。特急で山梨まで、レンタカーを借りてその日のうちに諏訪湖まで、湖畔近くのネットカフェに泊まりました。そして翌朝6時過ぎには地元の方が高台と呼ぶ場所にカメラをセットしました。ポイントはいくつかあるのですが、ここを選んだのはビルや民家上空を飛ぶグルさんの姿を撮りたかったから。午前中は低迷しました。8時過ぎに湖北東の斜面から飛び出したグルさんは湖面を横切り、カメラを構える高台の眼下を通過していきましたが上の写真にある木にさえぎられて撮ることが出来ませんでした。そこからこの高台から死角となっている山の斜面に止まっていたとのことでひたすら待つしかありませんでした。

DSC_9998
午後になると何度か湖面に向かって飛ぶようになりました。魚を獲りたそうで何度か湖面に飛び出しますが遠すぎです。しかし、カメラマンさん達にあきらめムードが漂い始めた15:30過ぎグルさんはお魚ゲット!

DSC_0150
湖面を横切ると旋回。カメラマンさんからはコースに入るとの声が。

DSC_0162
高層のホテルを回り込んできますよ。

DSC_0175
正面に出てきましたよ。

DSC_0215
旅館や民家の上空。すごい低いところを飛んでますよ。

DSC_0247
ここから眼下で旋回を始めました。前に被っている木より上がってこないと枝にピンを取られてボケボケ写真です。

DSC_0273
カメラマンさん達の頑張れという祈るような声が聞こえますが、今日は風がなくグルさんは上がってこれません。そのまま、先ほどまで止まっていた遠い鉄塔の方へ抜けていってしまいました。今日のショーは終了と思っていると。。。

DSC_0291
グルさんは戻ってきました。グングンと近づいてきています。

DSC_0298
下にはビルや民家が。

DSC_0309
湖がわへ。

DSC_0311
お魚は掴んだままです。鮒?

DSC_0320
この時間は逆光ですが、そんな贅沢は言っていられない。

DSC_0331
背中を見せます。

DSC_0342
対岸の街並みや高架が。

DSC_0381
旋回して山バックに。

DSC_0399
大きな羽の欠損が見えます。

DSC_0476
かなり近づきました。

ここで終わりっぽい感じですが、グルさんの大サービスはまだまだ続きます。という訳で超接近戦の次回に続きます。

2017年2月4日の撮り鳥

WP_20170204_09_34_44_Pro
2月4日の撮り鳥。また、来てしまいました涸沼。前回逢えなかったオオワシさんに再挑戦。”スズメからオオワシまで”何を撮るんですか?と聞かれたときの答えでモットーでもあります。しかし今までオオワシさんは上野動物園でしか撮ったことはありませんでした(*^_^*)到着は前回と同じく9:00過ぎですが今回は先日後方から見た気になる場所に。

DSC_7041
そして到着から2時間以上が過ぎた11:40。ミサゴに気をとられていると後方からやってきました。しかし一同気づくのが遅く公園側に向かって飛んでしまいました。

DSC_7091
旋回しながら沼背後の林側に廻り死角から飛び出して来ました。

DSC_7094
本日最接近。逆光は仕方ないとしてもピントさんはどこにという感じ(;´∀`)せめてピントがちゃんと来ていてくれたら。。。

DSC_7097
オオワシさんはカメラマンさんがカメラを構える後方側に飛び去りぐんぐん上昇していきます。

DSC_7125
ここからは米粒のような大きさでの写真ばかりです。

DSC_7191
雪が降り積もったようとどこかで読んだ両翼の白い羽。

DSC_7221
頭上で何回も旋回するオオワシさん。データを確認すると7分以上。

DSC_7270
短時間でいいから目線を飛んでくれていたら。

DSC_7380
でも11時過ぎまでは坊主で帰るかもなんて思っていましたしね。

DSC_7449
それを考えたら証拠写真でもよしとしましょう。

DSC_7547
トビさんとの絡み。すごい枚数を撮りましたが変化の無い画ばかり。その中で多少アクセントが付いたのはこの画くらいですかね。

狩りをしてくれなかったのは残念ですが、前回と違い逢えたのは良かったです。これでこれからは自信を持って”スズメからオオワシまでなんでも撮ります”と言えます(*^_^*) 今回は周辺の鳥さんもですが、別の場所でも撮り鳥しています。という訳で次回に続きます。