カテゴリー別アーカイブ: ノスリ

2019年1月27日の撮り鳥

先週末も鳥見の地を決定するのは迷いましたね。最初は小鳥類を狙ってとか、アリスイ再チャレンジなんて思いました。結局はスーパーカーで行く葦原の旅になってしまいました。残念ながら初動が遅れて午前中の鳥見は選択肢が限られてしまいました。


結局、葦原の地の人工湖でベニマシコ散策。しかし、セイタカアワダチソウも枯れ気味。厳しい展開です。そんな時1羽の猛禽らしき鳥が低い位置を横切るように飛び近くの木に止まりました。


ノスリさんだ!こちらの存在には気づいていますので、ある程度の距離は取っていますが十分に近いです。すると後方から自転車に乗ったコンデジおぢさんがやってきて撮影開始。


予想通りの飛び出し。


しかし風はかなりの強さ。鳥たちは風に抗して飛ぶのが大変そう。


ノスリさんもなかなか思うように舞えないようでした。その後、ジョビ♀さんが現れましたがランナーに飛ばされ、モズさんを撮りましたが目ぼしい成果はなく、葦原の方へ移動。そちらでもベニマシコポイントを覗きましたが成果は無かったですね。


さて葦原の方ではカメラを構える背後の川でノスリさんがハシボソカラスさんにストーカー
されていました。


逃げるノスリさんに追うカラスさん。


着地と。


ノスリさんは相手にしませんが


やはりしつこいのでノスリさん逃げ出します。


追うハシボソガラスさん。


やっと振り切ることに成功しました。


着地。


でも、やっぱりひつこいのでここから離れます。ノスリDAYでしたね。本命さんが来ないと本当にそうなりそうですが。。。安心してください本命さんは出ました。という訳で遠い本命さん編に続きます。

2019年1月13日の撮り鳥その3

白鳥の飛来地を離れて周辺の田園に向かいます。周辺には猛禽も多く、コチョウゲンボウやチュウヒ、ノスリといったところも見られます。


トラクターが開墾する耕作地、アオサギがトラクターを追いかけていました。そこからほど近い畦の上に大きめの鳥さん。


お食事中のノスリさんでした。白い個体ですね。50〜60m?もう少しあるかも空気の揺らぎの影響があるので生き残ったものを。黒い羽らしきものが見えるのでカラスさんを狩ったのかな?


ちょっとこれは甘いか。道路に止めているので気が気ではなく、短時間でその場を離れました


田園地帯では期待されたコチョウゲンボウさんなどには逢えなかったので、周辺の沼地に行きました。


チュウヒ幼鳥さんがグングンと近づいて来ます。


何度か頭上を旋回した後


農耕地側に抜けて行きました。


チュウヒ幼鳥さんここまで近いことは渡良瀬でも無かったので生涯最接近かと。


暫くすると沼の対岸側を舞い始めました。


同じ個体でしょうね。


もう昼近く、普段ならお昼寝の時間。餌が獲れなくてお腹が空いていたのかも。

最近よく出ているらしいズクロチュウヒさん(大陸型チュウヒ)に期待したが姿を見ることは出来なかった。これで午前の部終わりという感じ。この日は午後の部をいろいろ考えていました。稲敷方面へ行くか、それともここで粘ってみるか、そしてもう一つはコミミさん再チャレンジ。

結局、コミミさん再チャレンジとなりました。ノスリさんがウェルカムの舞い。結構、近くを飛んでくれました。


農耕地で見たような白いノスリさん。なんか目がカワイイですね。


前日は15時台にコミミさんの乱舞があったとのことで否応なしに期待が高まりますが。。。


不発(泣)結局、16時を過ぎても前回のように舞ってはくれず


左側に陣取るカメラマンさんのエリアで木止まりを見せただけでした。(そちらではそれなりに飛翔を見せたようですが厳しかったようです)右側のカメラマン民族大移動に従って止まりをちょこ撮りしただけでした。


犬を連れて散歩されている方がいたり、猫が草むらに潜んでいたり色々理由は考えられますが、翌日も同じような展開で低迷したようです。順光で微風、絶好のコンディションと思いましたがこれだからコミミズクさんは難しいですね。三連休は最終日も短時間ですが鳥見に出かけましたので次回に続きます。次回は青い鳥を探しに行って蒼い鳥を見た編です。